探偵ブログ14

人を異常にさせた妬み

東大に合格した娘さんへの誹謗中傷、自宅への落書きなど執拗な嫌がらせに苦しんだご家族が探偵事務所に依頼し、犯人を突きとめた体験談です。犯人は思いもよらない人でした。普通の人間を豹変させてしまった根底は何だったのでしょうか? ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。 東大に合格した娘 娘が東大に合格しました。通常はエスカレーター式に上の大学に進むのが常でしたが、娘は受験に臨み努力が報われた結果となりました。 我家は幸せムードに包まれ、ある意味うかれていたのかもしれません。 それから暫くして、我家にとんでもない事が起こり始めたのです。 執拗な嫌がらせ 最初はポストに入っていた手紙でした。差出人のない封筒を開けると、男とすぐ寝る女だとか、先生とできているだとか、娘についていかがわしい中傷が書かれていました。 次の朝は、我家の白い車に黒いペンキがかけられていました。無言電話もなるようになり、危険を感じ夫と警察に相談に行きました。 被害届は受理してくれたものの、見回りを強化するということで、特に進展はありませんでした。電話は、非通知のものは受け付けないようにしたり、家の玄関と庭の二か所に防犯カメラも取りつけました。息子と娘にも気を付けるように言いました。娘はこんなひどい事をされる覚えは全くないと言いました。 娘の学校にも娘に対する密告のような手紙が多数きていると言われ、愕然としました。 その後も留守中に、防犯カメラの死角になる北側の家の門の外壁にバカ、カバなどの幼稚な落書きをされました。 折角東大に合格し喜んでいた娘も、ふさぎがちになってしまいました。 思いもよらない犯人 私達夫婦は娘を守るために、犯人を突きとめることにしました。かといって一日中見張っているわけにもいきません。逆に危険にさらされるかもしれない事も考え、思い切って探偵事務所に犯人をつきとめてもらう事にしたのです。 探偵事務所の結果は思いもよらないものでした。 犯人は、娘と仲良しの同級生の母親でした。夜間に防犯カメラをよけて、落書きをしている姿や、ご近所のポストに裏口入学と書かれた誹謗中傷のビラをいれている画像もありました。わざわざ車でやって来て、近くのコインパーキングに止めて犯行に及んでいたのです。その母親とは、父母会で会うと必ずお茶を飲んで帰る仲でした。つい最近も、内の娘は駄目だったけれど合格おめでとう、と連絡を受けたばかりでした。 母親の妬みからくる嫌がらせでしょうか。娘の同級生の母親がやったということであまり事を荒げたくない、かといってこのまま引下がるわけにもいかず、探偵事務所の証拠を持って主人と二人でお宅に伺いました。 嫉妬が人を豹変させる 母親はすんなり犯行を認めました。自分の娘は受験に失敗したのに〇〇ちゃんは東大に合格したのがどうしても納得できなかった、悔しいという想いが先に立ってしまい、やってしまったと、泣きながら謝罪をしてきました。ご主人も何も知らなかったらしく、私達の前でこちらがもうやめてください、と制止するほど激しく母親を叱責しました。 受験に失敗したお嬢さんはそれだけで落ち込んでいるのに、自分の母親がこんなみっともない犯行をしていたと知ったらどう思うでしょうか。 私達は、家の外壁等の塗り替えや修理費用、ビラを撒いた近隣住民への謝罪などをしてもらう代わりに警察への被害届を取り下げることにしました。 探偵さんのおかげで娘を守ることが出来ました。 思えば、知らず知らずの内にうかれて高飛車な態度に出てしまったのかもしれません。世の中妬みや嫉みのパワーが人を豹変させてしまう事があるということを思い知らされました。 多種多様の調査は探偵にお任せ! 受かる人もいれば落ちる人もいる。母親として何でうちの子がと思う気持ちもわからないでもないですが、だからと言ってここまでしてしまうのは、やはり異常行為ですよね。 中央リサーチ岡山では嫌がらせやストーカー行為などでお悩みの方のご相談にも親身になってご対応致します。警察は中々時間を割いてはくれません。ご相談だけでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ4

回復後の通院は交通事故保険金詐欺になる?弁護士のアドバイス

友人の交通事故について相談させていただきます。数ヶ月前、友人がバイクに乗っていて車と衝突し、骨折しました。通院が終わって怪我は治ったのですが、保険会社から提示された慰謝料が相場より少ないと感じているようです。骨折によって仕事への支障がかなり大きかったので、金額の理由を保険会社に確認して、できれば増額交渉をしたいようです。ただ、交渉にあたっ… […続きを読む]

探偵ブログ3

余命宣告を受けた妻が「息子に会いたい」

今回は、余命宣告を受けた奥様の切なる願いを叶えるために探偵事務所を利用したという男性のお話です。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。余命宣告を受けた妻の終活ノートに書かれていたこと私は現在63歳で、末期のがんを患って入院している妻がいます。私が定年退職した翌年、妻の膵臓にがんが見つかり、抗がん剤治療を続けてきましたが、少し前に… […続きを読む]

探偵ブログ8

正体不明のストーカーが出現。つきまといの事実を張り込みで調査

つきまといなどの嫌がらせ行為は、思い当たる理由がなくても発生することがあります。大きな事件に発展する可能性もありますから、無視はできません。ここでは、突然出現したストーカーの正体特定を、探偵に依頼したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。謎のストーカーが出現し、身の危険… […続きを読む]