探偵ブログ7

元恋人がストーカーに! 平和な新婚生活は取り戻せるか

人がストーカーと化すきっかけの定番は、男女関係のもつれです。恋愛対象本人へのつきまといはもちろん、その配偶者や家族に対する嫌がらせにも注意しなければなりません。今回は、夫の元恋人が妻につきまとったケースを紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 新婚夫婦の周囲で、謎の嫌がらせが発生 相談者:30代男性 職業:会社員 もう数年前の話ですが、私は同僚のOさんと交際していました。しかし、彼女が異常なほど私を束縛するため、疲れ果てて別れてしまったのです。別れ話を切り出した際、激昂したり泣き叫んだりして、なだめるのが大変だったことを覚えています。Oさんは会社に居づらくなったのか退職してしまいましたが、こればかりは仕方がありません。 その後、私は別の女性と交際し、少し前に無事結婚することができました。ところが、結婚後間もないころから、私たちの周囲で奇妙なことが起こり始めます。家に無言電話がかかってきたり、窓に石を投げつけられたりするようになったのです。主に妻が1人でいる時間帯に発生していたため、妻を狙った嫌がらせであることは明らかでした。 ストーカーの正体は元恋人? 憤慨し探偵に調査を依頼 やがて、事態はさらに悪化します。妻が買い物に行った帰り、何者かに後をつけられたというのです。暗くなるのが早い時期だったこともあってか、ストーカーは何度も出現。走って逃げようとする妻を追いかけてくることさえありました。妻は恐怖に怯え、私と一緒でなければ外出さえできなくなってしまったのです。 私には、ストーカーの正体の心当たりがありました。言うまでもなくOさんです。私に執着するだけならともかく、妻を狙ったのは絶対に許せません。何より、幸せな新婚生活を台無しにされたことで、私の怒りは頂点に達していました。そこで私は、警察への通報と双方の両親への報告を行い、さらに探偵に調査を依頼することにしたのです。 証拠のおかげで警察も動き、平穏な新婚生活が戻る Oさんは妻をストーキングしているのに加え、家の周囲に潜んでいることもあると思われます。そのため探偵には、妻の外出時の見守り調査と、家の周辺での張り込み調査を主にお願いしました。Oさんの家が以前と変わっている可能性もあるので、彼女の尾行も念のため行います。調査期間は2週間と決定しました。 そして、綿密な調査により、やはりストーカーの正体はOさんだと判明。さらに、以前住んでいたマンションは出てしまっており、実家に戻っていることもわかりました。現在はまともに仕事をしていない状態のようです。まあ、そうでなければ毎日のように妻につきまとうことはできませんよね。 証拠をつかんでいたこともあって警察も動き、Oさんに警告を出してもらうことに成功。それ以降は、Oさんは出現しなくなったのです。もうしばらくは警戒が必要だと思いますが、平和が戻ってほっとしました。しばらくは新婚生活を楽しみます。 まとめ:ストーキングの証拠の入手は、探偵に依頼しよう ストーカー行為をやめさせるには、やはり警察に動いてもらうのが1番確実です。そのためには証拠が必要なので、中央リサーチ岡山にご相談ください。親身になってご対応させていただきます。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ4

まずは探偵に相談!ストーカー・嫌がらせは確かな証拠が早期解決へ

待ち伏せされたり、ストーカー行為、精神的苦痛を与えられるような嫌がらせにお悩みではありませんか?警察に相談しても事件性がないから…といった理由で泣き寝入りをしてしまうと、益々エスカレートする可能性があるので早めの対処が必要です。この記事では、不審人物の特定および警察・弁護士に動いてもらうために証拠撮りを入手する方法をご紹介しましょう。スト… […続きを読む]

探偵ブログ12

【結婚調査】バツ2の彼の話が本当かどうか調べてほしい

離婚する夫婦が増えている現代において、結婚相手に離婚歴があること自体は珍しいことではなくなりました。ですが、2回以上の離婚歴がある場合、どんな理由で離婚したのか気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、過去に複数回離婚歴がある交際相手の男性について、調査してもらったという女性からお話を伺いました。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではあ… […続きを読む]

探偵ブログ9

【素行・身元調査】住み込みで仲居の仕事を始めた謎の女性

今回は、県内の温泉街で旅館を切り盛りする女性からのお話です。探偵に身元調査の依頼を検討している理由を詳しく話してくださいました。※実話をもとにしたフィクションです。私は祖母の代から続く温泉旅館の女将をしております。歴史ある旅館で県内外からたくさんのお客様をお迎えし、忙しい毎日を過ごしています。これは宿泊業界全体に言えることかもしれませんが… […続きを読む]