探偵ブログ1

最近話題のサイバー被害。ネット上の誹謗中傷犯の特徴とは?

SNSやブログを運営する人も少なくない世の中。ネット上で行われる匿名からの誹謗中傷に悩む人は、最近特に増えています。今回は、ネット上で誹謗中傷を繰り返す犯人を探偵が突き止めたケースを紹介しましょう。
※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

SNSで毎日送られてくる誹謗中傷メッセージ
相談者:30代男性 職業:在宅ワーカー

私は33歳になるウェブライターです。在宅でライティング業務を請け負い、記事を執筆して収入を得ています。同時に個人的なブログも開設しており、その宣伝用にSNSに登録してユーザーとやり取りしていました。SNSには職業や年齢もさまざまな、いろいろな人がいます。ある日から、そのSNS上で誹謗中傷被害に遭うことになるのです。
きっかけはよく覚えていませんが、私が発信した言葉に、やたら攻撃的に突っかかってくるユーザーがいました。SNSではメッセージのやり取りができるため、そのユーザー個人宛に返事をしていたのですが、何を言っても中傷が止みません。しばらくは黙り込みを続けたのです。
こちらが黙ると、相手は「勝った」と感じるのでしょう。誹謗中傷はさらに加速し、また同じように攻撃してくるユーザーが徐々に増えてきたのです。私は次第にSNSが怖くなりました。

誹謗中傷の犯人の特徴とは?
徐々にSNSにログインすることも少なくなり、私はしばらくSNS離れをしていました。しかし、ブログの宣伝用に作ったアカウントなので、ブログ収入=アクセス数が見込めないとなると、死活問題になります。業務に影響を及ぼすぐらいなら、ネット上の誹謗中傷の犯人を突き止めてやろう、という気持ちになったのです。
そこで探偵事務所に調査を依頼。匿名性が高いSNSですが、探偵さんはIPアドレスというものを特定してくれます。すると、犯人がどのプロパイダを使用し、どのあたりの地域からアクセスしているか、まで調べることができるのです。
探偵さんが言うには、複数人いるように見えて「おそらく犯人は1人か2人です」とのこと。その通り、結局複数ユーザーのIPアドレスは全て一致し、犯人はたった1人ということがわかりました。さらに、私が住んでいる地域からかなり離れたエリアで暮らす人物。そのため、誹謗中傷の中には「お前の自宅は判明している」といったものもありましたが、それは嘘ということが分かったのです。

SNS上で警告し、誹謗中傷被害に決着
助言を受けたとおりに、私はSNS上で誹謗中傷を繰り返すユーザーに「IPアドレスを入手している。準備が整えばプロパイダに通告し、個人特定を行なう」といったことを警告しました。また、複数ユーザーを装っているけれど単独犯であることも、第三者機関に依頼して調査済みと伝えます。
こういった誹謗中傷を繰り返す人は、まさかバレるとは思っていないのでしょうね。すぐにSNSを退会し、それきり誹謗中傷はおさまりました。一度の警告で決着がつくとは思っていませんでしたが、意外なほどあっさり収束した私への被害中傷。探偵さんには、大変お世話になりました。

ネット上の被害中傷はぜひ相談を
誹謗中傷を繰り返す人は、複数人に見せかけたり、誹謗相手のことをよく知る人物だと偽ったりします。しかし、調べてみるとそれが事実とは異なるケースがほとんど。ネット上の誹謗中傷に悩んだら、中央リサーチ岡山までいつでもご相談ください。お客様のご不安が解消できるよう、誠心誠意調査いたします。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ12

今の時代だからこそ結婚調査が必要

近年、婚活パーティーや婚活サイトで知り合った相手とスピード婚するケースが増えています。働く女性の社会的進出が目立っていて、なかなかゆっくり交際する間もなく出会ってすぐに結婚話へ進むケースが多いようです。婚活パーティーや婚活サイトで知り合った相手と意気投合して生涯を共にしたいと思っても、本当に直感だけで決めてしまっても良いのでしょうか?結婚… […続きを読む]

探偵ブログ14

娘はまじめに大学へ通っているのか?素行調査で実態を把握

現在、多くの大学では学生の成績を保護者に通知しています。もし子供の成績が悪ければ、親としては黙っていられません。今回は、娘の素行調査を探偵に依頼した事例を見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。娘の成績が悪い!心配して連絡するも口論に娘が大学生になって、早1年半が経ちました。入学… […続きを読む]

探偵ブログ8

ライバル企業の引き抜き工作が表面化。内偵調査で対抗できるか?

古今東西を問わず、優秀な人材は引く手あまたです。会社のエースをライバル企業に引き抜かれてしまうケースも珍しくありません。今回は、引き抜き工作の内偵調査を探偵に依頼したケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。ライバル企業から引き抜き工作をしかけてきた!私はゲームソフトの開発会社… […続きを読む]