探偵ブログ4

社会人として頑張っていると思っていた娘。調査でわかった事実とは…

子どもが何歳になっても、親の心配は尽きないもの。特に、誘惑の多い都会でひとり暮らすとなれば、その心配はなおさらです。誘惑に負けず、頑張ってくれれば良いのですが、もし誘惑に負けてしまったら…
今回は、とある噂がきっかけで娘の素行調査を依頼したケースをご紹介します。
※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

きっかけは友人の子どものSNS
相談者:50代女性 職業:専業主婦
大学卒業後、遠方の会社に就職が決まった娘。いつまでも親のすねをかじってもらっては困る、という思いもあったので、我々夫婦も娘のひとり暮らしには賛成でした。娘がひとりで住むところは、生まれ育った田舎とは180度違った大都会。
「田舎者だとバカにされないだろうか…」と不安そうな娘を、「ダメだと思ったらいつでも帰ってきなさい」と笑顔で送り出しました。
初めの頃はしょっちゅう「寂しい」といって電話をかけてきたり、長期の休みには帰省したりしていましたが、だんだんと連絡もなくなり、休暇にも顔を見せなくなりました。
一抹の寂しさはありましたが、仕事が忙しいんだろうと呑気に考えていました。
ある日、近所に住む娘の同級生の母親が我が家を訪問。言いにくそうに、こう話を切り出しました。
「お宅の○○ちゃん、もしかしたらホステスをやっているかもしれない」
寝耳に水とはこのことです。その方はこう続けます。
「娘はSNSで○○ちゃんとやり取りをしているらしい。○○ちゃんはそこに、写真載せているのだけれど、およそ会社勤めとは思えない格好で、お酒を飲んでいる姿やカラオケを歌っている写真ばかり。『昨日はご来店ありがとうございました』という文章も載せていることもある」
実際に見せてもらった写真は、濃い化粧で中年男性と思しき人と腕を組みピースをする娘。力が抜けて思わずその場に座り込んでしまいました

「贅沢がしたい」。愚かな娘の言いわけ
早速娘に電話をして真偽を確かめるも、「人違いだ」の一点張り。どこの世界に我が子を見間違える親がいるでしょうか。夫と相談し、探偵に素行調査を依頼しました。1週間ほどで真相が判明。やはり娘は会社を退職し、クラブホステスとして働いていたのです。
私と夫は娘の元へと向かいました。ひとり暮らしの狭いマンションには似つかわしくないブランドもののバッグやスーツが並べられた生活感のない部屋。私は情けなくて涙が出てきました。
最初は社会人として真面目に働いていた娘。しかし、誘惑が多い都会では、給料がいくらあっても足りない。そんなとき、たまたま街を歩いていると、「うちで働かないか」と誘われ、興味本位で話を聞き、まんまと口車に乗せられたのだそうです。
最初は週に1回、会社の業務に支障が出ない程度に働いていたらしいのですが、だんだんと昼間の仕事がバカバカしくなってきたので、昼間の仕事を辞めた、とのこと。
私と夫は娘をきつく叱責し、家へと連れ戻しました。「贅沢がしたかった」という安易な理由で会社を辞め、分不相応な暮らしをしていた娘。あのまま何も知らずにいたら…と思うとぞっとします。

気になることがあったら迷わず相談を
遠方にいる子どもの素行が気になっても、なかなかすぐに出向いて調べるわけにはいきません。しかし、何かが起きてからでは遅すぎます。気になることがあればすぐに探偵に調査を依頼することをおすすめします。
中央リサーチ岡山ではお客様の依頼に迅速に対応します。どうぞお気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ14

上京した娘は何をしている?探偵の素行調査で事実が判明

実家を出た子供の様子は、親なら誰でも気になるものです。社会人になったとしてもそれは変わりません。ここでは、1人暮らしをする娘の素行調査を行った事例を見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。娘が上京して3年。生活には慣れたが、素行の悪化が心配に私は50代の女性です。娘が1人いますが… […続きを読む]

探偵ブログ2

安眠を妨害する犯人を特定できるか?探偵の嫌がらせ調査

真夜中に大きな物音がして、飛び起きた経験のある方は多いでしょう。このようなことが毎日続けば、寝不足になってしまいますよね。今回は、真夜中の嫌がらせを探偵の嫌がらせ調査で解決したケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。町内で真夜中のピンポンダッシュが多発!私の住む町内では、大変… […続きを読む]

探偵ブログ3

認知症の母が行方不明に!探偵の所在調査で行方を追跡

日本では、高齢化に伴って認知症の患者が増加しています。屋外を徘徊し、そのまま行方不明になってしまうこともあるのです。今回は、行方不明になった認知症の患者を探偵の調査で発見した事例をご紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。母親に認知症の症状が。徘徊して屋外まで出ていく私は50代の男… […続きを読む]