探偵ブログ10

職場で出会ったイケメン外国人講師と浮気した女性

今回は浮気調査をされた側の女性の話です。「浮気など一切興味がなかった」と話すその女性の、出会いから別れまでを話してくださいました。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

職場で出会った外国人男性と恋に落ちる

私は英会話教室に勤務する40代の女性です。夫の海外赴任に帯同したことで英語を多少話せるようになったので、そのスキルを活かして英会話教室のスタッフとして働いています。来年で勤続10年になり、責任ある仕事も任されるようになりました。

数年前に、講師としてオーストラリアから赴任してきた男性講師から告白されたことがありました。当時私は40歳、男性講師は28歳です。浮気はおろか、12歳も年下の男性に一切興味はありませんでした。しかも彼はスクールに在籍する外国人講師の中でもかなりのイケメンで、受講生からの信頼も厚く、人気講師の一人でした。そんな彼が私を好きになった理由が「年相応の落ち着きがありながら、若さを保っているあなたが好きだ」と…。

はじめの頃は、自分は既婚者であることと、私のような年上ではなくてもっと若い女性に目を向けた方がいいと言って断っていました。ところが、その後も何度も告白され、裏表なく誰に対しても紳士的に接する彼にすっかり心を奪われてしまったのです。夫には申し訳ない気持ちになりながら、彼を受け入れ、ずるずると関係を続けてしまいました。

探偵に浮気調査を依頼した夫に見つかる

しかし、そのような関係も長くは続きませんでした。仕事の帰りが遅く、私の様子を不審に思った夫が探偵に浮気調査を依頼したらしいのです。私が外国人の若い男性と手をつないで歩いているところと、彼が住むアパートに出入りしているところをしっかりと押さえられていました。

夫は私の浮気に激怒し、彼に慰謝料請求をする準備をしていました。それだけはやめてほしいと頼み込んだら、慰謝料請求が嫌なら私が仕事を辞めるか、彼が仕事をやめてオーストラリアに帰れと言うのです。彼も彼で、夫に浮気がバレたことを知るやいなや、夫に謝罪の手紙を書き、早々と英会話教室を辞めてしまいました。

夫や子ども達には申し訳ないのですが、当時の私は浮気がバレた後も彼のことがまだ好きでした。彼が母国に出発する日、空港に行き感謝とお別れの言葉を涙ながらに伝えて見送りました。

あの一件があってから何年も経ちますが、夫とは今でも再構築中です。たまに彼のことを思い出すことがあります。連絡を取ろうとは思いません。連絡を取ったところですぐに会えるわけではありませんし、それ以上に私は、今の家族を大切にしたいのです。

あのような過ちを犯しておきながら、私は仕事も家庭も失わずに済みました。とても幸運だと思います。でも浮気は周りの人を悲しませるだけなので、絶対にしてはいけないなと心から反省しました。もう二度と家族を裏切ることはしません。離婚せずに許してくれた夫に感謝です。

職場での不倫は仕事を調整しなければならないケースもあり、気まずい思いをすることもあるようです。この女性のように、仕事も家庭も失わなかったのは本当に幸運だと思います。
中央リサーチ岡山でも浮気調査を行っておりますので、パートナーの浮気でお困りでしたらぜひご相談ください。

浮気・不倫調査について詳しく見る

調査料金について詳しく見る

浮気・不倫の記事一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ11

浮気の証拠撮りはプロの技術が必要不可欠

浮気している現場は、ラブホテルやシティホテル、浮気相手である愛人の自宅が挙げられます。探偵はどのようにして、裁判で有利となる証拠写真を撮るのでしょうか?今回は、探偵のプロの技術による浮気の証拠取りについて解説していきます。探偵のプロの技術による浮気の証拠取り愛人の自宅でマンションで証拠撮影をする場合、住宅街にあることが多いです。探偵は、ラ… […続きを読む]

探偵ブログ11

何としても証拠がほしい!離婚のための浮気調査

浮気はパートナーに対する大きな裏切りです。浮気をされた側は離婚訴訟を起こすこともできますし、離婚時のさまざまな交渉で優位に立てます。今回は、離婚を確実なものにするために浮気調査を行ったケースを紹介しましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。結婚8年目、性格の不一致が原因で離婚を検討私は30代… […続きを読む]

探偵ブログ9

会社に頻繁に泊まる夫!浮気調査の先にあった事実

仕事が深夜に及び、たまに会社に泊まることはあったものの、それが週1にも増えてしまったことで浮気を心配した奥さまからの相談をご紹介します。※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。残業夫が会社に泊まる大手運送会社でドライバーをしている夫。ニュースでも多く取り上げられているように近年は荷物量が激増し、残業が多くなりました。本当に毎日クタク… […続きを読む]