浮気調査で暗くても鮮明な証拠写真が撮れる探偵は?

自分では浮気調査をするのが難しいと言われている理由の一つに探偵が持っているカメラの性能が挙げられます。

 

パートナーの浮気が発覚したら、離婚を視野に入れて慰謝料を請求したり、話し合って夫婦関係を修復するという選択肢を決断することとなります。

どんな道を選ぶにしても、浮気の被害者が必要となるものは不貞行為が分かる鮮明な証拠写真です。

証拠がなければ多くの人は最後まで浮気を認めずに、都合よく逃げ切ろうとする傾向にあります。

浮気・不倫問題を解決するには、将来どんな道を選ぶにしてもはっきりした証拠写真が必要なのです。

 

探偵がカメラの性能にこだわる理由とは?

 

パートナーや浮気相手を相手取り、離婚裁判を視野に入れている場合、法的な効力を持つ不貞行為が分かる証拠が必要です。

ボヤけた写真や動画、キスや手をつないでいる写真を証拠として提出しても裁判で認められることはありません。

実際に、スキルのない探偵事務所に依頼して低品質な証拠写真が認められず、慰謝料請求できなかったケースは多くあります。

探偵事務所は裁判で有効となる鮮明な証拠写真を撮影するために当然ながらカメラの性能にこだわっています。

 

探偵事務所選びは調査報告書のサンプルを比較しよう

 

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、調査後に不貞行為が分かる証拠を調査報告書に添付して受け取れます。

調査報告書には、ラブホテルや浮気相手宅へ出入りする様子や複数の不貞行為があると断定できる鮮明な画像や動画が入っています。

探偵事務所が性能の良いカメラを使っているかどうかは、調査報告書のサンプルを見て、複数の業者を比較することをおすすめします。

探偵事務所が持っているカメラの質によって、浮気調査の質に影響するので重要なチェックポイントです。

 

探偵事務所は50万〜100万円相当のカメラを持っている

 

探偵事務所によってどれだけ高額なのカメラを使って撮影するか異なりますが、50万円から100万円相当の機材は必須です。

特に夜中のラブホテル出入り口での撮影は、対象者に気づかれない遠距離からハッキリ顔が分かるように撮影します。

本人が言い逃れできないくらい鮮明な写真を撮影するのが探偵調査員の腕の見せ所と言えます。

暗すぎて顔かはっきり見えなかったりボヤケた写真は価値がありません。

探偵に浮気調査を依頼する際は、撮影機材を尋ねてどれだけ鮮明に撮影できるのか確認しておくことも大切です。

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ11

第二の人生を謳歌していた70代姑の浮気

今回は、義理の母親が探偵により調査されていたという女性の体験談です。セカンドライフを満喫していた70代の夫婦に起こった悲劇をご紹介します。※実話をもとにしたフィクションです。姑宛てに内容証明郵便が届く私は44歳の兼業主婦です。夫とは結婚して15年目を迎え、小学生の息子2人と4人暮らしをしています。夫の実家は自宅から車で5分ほどのところにあ… […続きを読む]

探偵ブログ8

追加料金0円は当たり前、でも高額な調査料金なら同じ事?

旦那さん・奥さんの浮気が発覚して浮気調査を依頼することになったら、様々な探偵事務所の料金を比較していきます。最近、探偵のホームページに「追加料金0円!」と記載されているのを良く見かけますが、本当に後から高額請求されないか心配ですよね。今回は、探偵事務所の追加料金について解説していきます。探偵の浮気調査完了後に追加料金が発生することはある?… […続きを読む]

探偵ブログ11

離婚を拒否しそうな夫に浮気調査は有効?弁護士のアドバイス

「パートナーが浮気をしているかもしれないので確かめたい」ということで浮気調査の依頼をいただくことはよくあります。ですが、浮気の確証はすでにあって、離婚の意志も固まっている場合は、さらに踏み込んだ調査をするべきかは悩みどころですよね。今回は、離婚へ向けてどのような準備が有効か、弁護士の方のご意見をうかがいました。※質問内容は、よくご相談いた… […続きを読む]