浮気調査で暗くても鮮明な証拠写真が撮れる探偵は?

自分では浮気調査をするのが難しいと言われている理由の一つに探偵が持っているカメラの性能が挙げられます。

 

パートナーの浮気が発覚したら、離婚を視野に入れて慰謝料を請求したり、話し合って夫婦関係を修復するという選択肢を決断することとなります。

どんな道を選ぶにしても、浮気の被害者が必要となるものは不貞行為が分かる鮮明な証拠写真です。

証拠がなければ多くの人は最後まで浮気を認めずに、都合よく逃げ切ろうとする傾向にあります。

浮気・不倫問題を解決するには、将来どんな道を選ぶにしてもはっきりした証拠写真が必要なのです。

 

探偵がカメラの性能にこだわる理由とは?

 

パートナーや浮気相手を相手取り、離婚裁判を視野に入れている場合、法的な効力を持つ不貞行為が分かる証拠が必要です。

ボヤけた写真や動画、キスや手をつないでいる写真を証拠として提出しても裁判で認められることはありません。

実際に、スキルのない探偵事務所に依頼して低品質な証拠写真が認められず、慰謝料請求できなかったケースは多くあります。

探偵事務所は裁判で有効となる鮮明な証拠写真を撮影するために当然ながらカメラの性能にこだわっています。

 

探偵事務所選びは調査報告書のサンプルを比較しよう

 

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、調査後に不貞行為が分かる証拠を調査報告書に添付して受け取れます。

調査報告書には、ラブホテルや浮気相手宅へ出入りする様子や複数の不貞行為があると断定できる鮮明な画像や動画が入っています。

探偵事務所が性能の良いカメラを使っているかどうかは、調査報告書のサンプルを見て、複数の業者を比較することをおすすめします。

探偵事務所が持っているカメラの質によって、浮気調査の質に影響するので重要なチェックポイントです。

 

探偵事務所は50万〜100万円相当のカメラを持っている

 

探偵事務所によってどれだけ高額なのカメラを使って撮影するか異なりますが、50万円から100万円相当の機材は必須です。

特に夜中のラブホテル出入り口での撮影は、対象者に気づかれない遠距離からハッキリ顔が分かるように撮影します。

本人が言い逃れできないくらい鮮明な写真を撮影するのが探偵調査員の腕の見せ所と言えます。

暗すぎて顔かはっきり見えなかったりボヤケた写真は価値がありません。

探偵に浮気調査を依頼する際は、撮影機材を尋ねてどれだけ鮮明に撮影できるのか確認しておくことも大切です。

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ13

探偵は浮気の事実を確認しないと浮気相手の住所をむやみに調べない?

旦那さん・奥さんの浮気が発覚すると、まず初めに「相手はどこの誰なのだろう…」と気になります。職場で出会ったのか、出会い系サイトで知り合ったのか、昔の友人なのか…とあれこれ想像してしまいます。探偵事務所に依頼すれば、浮気の証拠と一緒に浮気相手の住所も調べることは可能です。しかし、プロの調査員の浮気調査は、段階的に調査をするのでむやみに浮気相… […続きを読む]

カーナビでわかった夫の浮気

カーナビの検索履歴から、頻繁に地方に行く夫の浮気を確信した妻が、夫が心配のあまり、探偵事務所に浮気調査を依頼したお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。夫の怪我私達は50代後半の結婚生活30年を迎える夫婦です。 一人娘が結婚し、元来まじめで家族思いだった夫は寂しそうにして… […続きを読む]

探偵ブログ11

ビデオ撮影時、不特定多数の人が写りこむと犯罪になる場合があるの?

最近の浮気調査の証拠は、画像だけでなく動画も一緒に提出して強い証拠にするやり方が増えています。動画は長時間ビデオカメラを回すので、当然その間に不特定多数の人物が写り込んでしまいますが、これって大丈夫なの?と気になりますよね。今回は、浮気調査のビデオ撮影時に人物が写り込むと違法性があるのかについて解説していきます。浮気調査のビデオ撮影時に人… […続きを読む]