暗い夜はビデオ動画よりカメラの方が顔がはっきり写せるの?

探偵調査員は、浮気の確かな証拠を抑えるために様々な機材を使い写真や動画を撮影します。

 

浮気相手と密会するのは、暗い夜になるケースが多いですが
証拠を撮影するのは動画よりも画像の方が鮮明に写るのでしょうか?

 

結論から言えば、元々カメラ画像の方が、より暗い所でも写せる能力はありますが、探偵調査員の持っているカメラの質と腕の良さにより違いはあります。

 

今回は、浮気の証拠となる写真と動画の鮮明さについて解説していきます。

 

証拠の写真や動画がどこまで鮮明に写るかは探偵の機材のレンズ明るさや画素数やセンサーサイズによっても変わります。

探偵事務所は裁判で有力な証拠となるための鮮明な写真や動画を撮影します。

暗い夜中でも人が多い昼でも、遠距離であっても鮮明な証拠を残すことが求められます。

ただし、探偵事務所によって使用するカメラの質は異なるためどこまで鮮明に撮影できるかは、業者によって変わります。

また、どんなにハイスペックなカメラを持っていても調査員の腕が悪ければ、ピンボケしてしまう可能性もあります。

 

浮気調査を依頼する際は、調査報告書のサンプルを見せてもらうと鮮明な証拠写真が撮影できるか判断する材料となるので事前にチェックしましょう。

 

暗い夜でもハッキリした画像と動画の証拠が必要

 

近年の法廷では、浮気の証拠には写真だけでは不十分となる場合は動画も撮影します。

 

動画のメリットは連続撮影が可能なので、ラブホテルや浮気相手の自宅へ入ってから出てくるまでの間を撮影をすることができます。

ビデオカメラで動画撮影をする際は充電しながら撮影するため
途切れることなく、ラブホテルの滞在時間を証明する場合、正確な証拠として残すことができるのもメリット。

もし、画像だけの証拠の場合、どんなに鮮明であっても、「ホテルの前を偶然歩いていただけ」という言い訳をされてしまうかもしれません。

しかし、連続的な動画であれば、時間も残るため証拠能力が高く、言い逃れすることができないのです。

そして画像の場合は、万が一決定的な瞬間を逃したら後戻りできませんが、動画を録画したままなら撮り逃しを防ぐことができます。

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ6

妻の浮気相手は夫の弟! 身内を調査するつらさに耐えて解決

浮気相手になりやすいのは、職場の同僚や昔の恋人にご近所さんなど、普段から接点のある人たちです。そうなると、配偶者の親族にも少し警戒しなくてはなりません。ここでは、妻が夫の弟と浮気をしていたケースをご紹介します。※弊社にご相談いただいた調査案件ではありません。事実をもとに構成したフィクションです。妻と弟が手をつないでいるところを母が目撃、浮… […続きを読む]

探偵ブログ8

SNSを通じて若い女性と会っていた夫

今回お話を伺った女性は、ご主人がSNSを始めたのをきっかけに浮気を疑うようになったそうです。詳しくお話を伺いました。※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。ガラケーユーザーだった年上夫が機種変をきっかけにSNS依存状態に私は35歳の専業主婦です。夫とは15歳差の年の差婚で、今年で結婚2年目を迎えます。夫はもともと、デジタル系にとても… […続きを読む]

探偵ブログ10

夫は本当に反省したのか?浮気調査で真意を探る

浮気の現場を見られれば、大抵の人はパートナーに全力で謝罪するでしょう。しかし、それで浮気が終わるとは限りません。今回は、密かに浮気を継続していた夫を探偵の浮気調査で追い詰めたケースを見ていきましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫に浮気をされるも、謝罪を受けて関係修復を選択私は以前、浮気… […続きを読む]