探偵ブログ2

24時間営業の探偵には「ゆとり」のあるプライベートは存在しない?

探偵事務所の営業時間は24時間体制で出動できるように構えています。

 

浮気をする時間は夜から朝方にかけてが多いですが、仕事のお昼休憩を利用してホテルを行く人もいるので、基本的には時間に関わらずフル活動しています。

 

そのため、探偵の調査員はいつでも出勤できるように構えているため、プライベートでも気が抜けない特殊な仕事です。

 

仲間と居酒屋でお酒を飲んでいても急な浮気調査の依頼が入ったら運転することができないため、飲酒も楽しめないことも。

 

今回は、探偵調査員はゆとりのあるプライベートが難しい理由を解説していきます。

 

 

探偵事務所の営業時間は?

 

大手の探偵事務所の場合、相談員と調査員の人数を確保しているので、24時間営業のところが多いのです。

 

しかし、地元密着型の個人営業している小規模な探偵事務所の場合は8時〜21時くらいと決められている業者もあります。

 

営業時間外はメールで無料相談を受け付けている業者もあります。

 

 

探偵調査員の勤務時間は?

 

探偵調査員の勤務時間は一般的なサラリーマンや公務員と比較して勤務時間や休日は不規則です。

 

勤務時間や休日が明確に決まっているわけではなく、依頼された仕事を元に勤務スケジュールが決まります。

 

確定的な証拠を掴むためには、いつ何が起こるか分からないので調査員の場合は、定時の出勤、定時帰宅は不可能です。

 

探偵事務所の相談内容の多くは浮気・不倫問題が多く、確定的な証拠を取るために尾行・張り込み・聞き込みをすることが主な業務です。

 

調査する対象者の休日が土日祝であっても、浮気する日程は平日の可能性もあり、それぞれ状況によって変わります。

 

探偵調査員の勤務時間や休日は、調査する対象者によって変わると言っても良いでしょう。

 

 

探偵調査員はゆっくり休めるプライベートはないの?

 

探偵調査員は、いつでも機敏に動ける体制でいるため、ゆとりのあるプライベートはなかなか取れないのが現状です。

 

しかし、忙しい業務を続けていると肉体的にも精神的にもストレスが溜まるので休みがまったく取れないことはありません。

 

休暇の規則は、探偵事務所の会社規模によって異なりますが、大抵週に1〜2日間は取れることが多いです。

 

大手の探偵事務所は調査員が多く、交代で休みが取れるので長期休暇が取れることもあります。

 

働き方改革に伴い、探偵業界もゆっくり休めるプライベートを取得できるようになっていくかもしれません。

 

 

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ6

上司が営業中にパワハラ! 証拠をつかんで社員を救え

パワハラは、立場の弱いものに圧力をかける許しがたい行為です。今回は、末端の社員からの訴えを受けて、幹部社員のパワハラ調査を行ったケースを紹介しましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。社員からの報告で、営業課長のパワハラ疑惑が浮上相談者:50代男性 職業:経営者先日、いつも通り社長室で仕事を… […続きを読む]

探偵ブログ4

まずは探偵に相談!ストーカー・嫌がらせは確かな証拠が早期解決へ

待ち伏せされたり、ストーカー行為、精神的苦痛を与えられるような嫌がらせにお悩みではありませんか?警察に相談しても事件性がないから…といった理由で泣き寝入りをしてしまうと、益々エスカレートする可能性があるので早めの対処が必要です。この記事では、不審人物の特定および警察・弁護士に動いてもらうために証拠撮りを入手する方法をご紹介しましょう。スト… […続きを読む]

探偵ブログ3

父の運転は大丈夫?探偵の調査で様子を確認

日本では高齢化の進行に伴い、高齢者の自動車事故が社会問題になっています。今回は、父親に運転免許を返納させるために、見守り調査を依頼したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。運転免許の返納をめぐり、父と息子がケンカ!私はしばらく前から、実家の父とケンカになっています。父は… […続きを読む]