探偵ブログ11

浮気調査の労働時間は対象者の動きで決まる?

通常、企業の従業員の労働時間は朝9時から夕方18時くらいまで、そして休日は土日祝という職場が多いかと思います。

 

職種によって、美容院は火曜日定休日、不動産業は水曜日定休といった変則的な休日もあります。

 

では、探偵事務所の調査員の場合、労働時間や休日はどうなっているのでしょうか?

 

今回は、探偵事務所の調査員の労働時間について解説していきます。

 

 

探偵事務所の調査員の労働時間

 

勤務時間は日勤・夜勤というように、変則的な勤務となっていることが多いです。

 

探偵調査員の労働時間は、調査対象者の動きによって左右されるため、勤務時間は不規則になりやすいのが特徴です。

 

例えば、浮気調査の場合は、ラブホテル前で夜に尾行したり張り込みすることも多くなります。

 

対象者も仕事をしているため、深夜に活発に活動することは少ないですが、探偵が活発に活動するのは朝から夜の23時〜24時くらいです。

 

 

探偵の休日は不規則でよく変わる

 

探偵の休日は、休みの曜日が不規則で変わりやすいです。

 

小さな探偵事務所の場合は、突発的に朝の3時に仕事が入ったり、休日出勤も多いのでかなりランダムと言えます。

 

人数が多い探偵事務所の場合は、業務分担が出来ているため、調査員ごとに休日の曜日などを決めている業者も多いです。

 

 

浮気調査の尾行におすすめの時間帯はある?

 

浮気調査を依頼する際は、ベストなタイミングを知っておくことも大切です。

 

長時間張り付く尾行調査は、時間的にも体力的にも厳しいため、最適なタイミングを絞って依頼することをおすすめします。

 

おすすめのタイミングは、退社するタイミング、勤務中・休み時間、出勤するタイミング、帰宅後の4パターンです。

 

最も浮気をする確率が高いのは退社するタイミングが挙げられます。

 

浮気をしている人は、「今日は会社の残業がある」と妻や夫に嘘をついて、退社後に浮気相手と会っているケースが多いからです。

 

パートナーの残業が急に増えたり、明らかに帰宅が遅くなったと感じた場合は、退社するタイミングに会社から出るのを尾行すると効果的です。

 

他にも、休み時間や勤務中に営業回りと嘘をついて浮気をしているケース、休日出勤と嘘をついて浮気相手と会っているケースもあります。

 

 

 

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ11

慰謝料を増やしたい!探偵の調査で不貞行為の証拠を入手せよ

浮気に対する慰謝料請求では、不貞行為の証拠があるかどうかで金額が大きく変わってきます。ここでは、証拠を入手して慰謝料の増額に成功した例をご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫婦関係が悪化。夫には浮気疑惑が浮上私は40代の女性です。夫とは2年ほど前から関係が悪化しており、このまま行… […続きを読む]

探偵ブログ9

離婚を有利に進めるため浮気調査を依頼

探偵事務所の調査報告書を見た依頼者の方は、泣いたり怒ったり、さまざまな感情を表すことが多いのですが、依頼から結果の報告まで感情的にならず冷静に対処できる方もいらっしゃいます。今回は離婚前提で探偵事務所に調査を依頼した女性のエピソードです。※実話をもとにしたフィクションです。冷めきった夫婦関係と離婚の為の浮気調査私は50歳の会社員です。1歳… […続きを読む]

自身での浮気調査は、軽い気持ちで探偵の真似事をして犯罪になる事もある?

パートナーが誰と浮気しているか自分の目で確かめたいからどうしても自分で浮気調査をしたい!という方も多いです。実際に自分で浮気調査をしたら、どんなリスクがあるのか知っておくことが大切です。今回は、自分で浮気調査をして失敗した時のリスクについて解説していきます。自分で浮気調査をすると失敗しやすいのはなぜ?自分で浮気調査をすると、誤った浮気調査… […続きを読む]