探偵ブログ4

詐欺の事実確認は筆跡鑑定が有効?

見に覚えがない契約書、遺言書の文字が本人のものではないと思った時は、探偵社の「筆跡鑑定」が役立ちます。

 

「筆跡鑑定」とは、文字のクセや特徴から人物の特定を行う鑑定方法です。

 

今回は、詐欺の事実確認に探偵事務所に「筆跡鑑定」をするメリットを解説します。

 

筆跡から個人の識別できる筆跡鑑定

 

探偵事務所には、「契約書に書かれている名前が自分で書いたものではない」「遺言書に書かれた文字が祖父の字と違う」といった相談が寄せられます。

 

「詐欺ではないのか?」と感じたら筆跡鑑定により確実な証拠を押さえる必要があります。

 

詐欺の事実確認に探偵事務所に「筆跡鑑定」をするメリット

 

第三者が悪意を持って契約書や遺言書などを改ざんして、損害を与えようとしている可能性があります。

 

「覚えてないけど書いたかな?」」と曖昧な記憶のまま話を進めると、大きな被害を受けることも。

 

後から「あれは自分が書いたサインではない」と言っても、その時には既に手遅れになります。

 

自身の利益を守るためにも、信頼できる探偵社に筆跡鑑定を依頼すると早期に解決します。

 

実際に筆跡鑑定で分かった過去の事例をご紹介

 

プロの探偵が鑑定を行うことで偽造の可能性の判断が可能になります。

 

・遺言書は亡くなった本人のものではなく、兄は財産欲しさに偽装したものだった

 

・誹謗中傷の手紙は会社の同僚だった

 

・怪文書の犯人と責められたが無実が証明された

 

筆跡鑑定は実績多数の中央リサーチ岡山へ

 

文字のクセは他の人も似ている可能性があるため、複数の調査と組み合わせることで精度を上げることが可能です。

 

不自然なも箇所を検証する偽筆検査、複数の同じ文字を詳細に検査する字画検査、圧力の個人差から個人の識別をする筆圧検査などが挙げられます。

 

嫌がらせ・いたずら・ストーカーといったトラブルも最適な鑑定方法は異なります。

 

気になる書類の筆跡鑑定は、実績多数の中央リサーチ岡山へお気軽にご相談ください。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ岡山

相談無料0120-30-6630

 

 

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ11

探偵業法での探偵業務は尾行、張り込み、聞き込みを行う事が基本理念

探偵に調査を依頼すると、どんな方法で調査してもらえるのか気になっていませんか?探偵の調査方法は探偵業法によって定められており、尾行、張り込み、聞き込みを行う事が基本となります。今回は、探偵の調査方法について解説していきましょう。探偵業法とは? 探偵事務所は、浮気調査や結婚調査、人探しなど様々な依頼を請け負います。調査のためならどんな調査方… […続きを読む]

探偵ブログ11

犯人は意外な相手! 探偵調査で発覚したストーカーの本性

ストーカーの犯人は身近な人である場合がほとんど。しかし、思わぬ人物が犯人となる場合もあります。今回は、ストーカー行為で女性を苦しめた意外な人物を、探偵が突き止めたケースを紹介しましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。なにかがおかしい?ささいな異変に気付く 相談者:30代女性 職業:会社員私… […続きを読む]

探偵ブログ9

【素行・身元調査】住み込みで仲居の仕事を始めた謎の女性

今回は、県内の温泉街で旅館を切り盛りする女性からのお話です。探偵に身元調査の依頼を検討している理由を詳しく話してくださいました。※実話をもとにしたフィクションです。私は祖母の代から続く温泉旅館の女将をしております。歴史ある旅館で県内外からたくさんのお客様をお迎えし、忙しい毎日を過ごしています。これは宿泊業界全体に言えることかもしれませんが… […続きを読む]