探偵ブログ2

過去の結婚歴を調査された女性の話

今回は、結婚調査をされた側の女性のお話です。「もう二度と結婚はしない」と決心していた女性が、結婚調査をされた理由を聞かせてくださいました。 ※実話をもとにしたフィクションです。

つらい結婚生活を経て離婚を経験した女性

私は地元の病院で医療事務として働く34歳の女性です。今は独身ですが、結婚していた時期がありました。それは私が23歳の時、当時おつき合いしていた男性とできちゃった結婚をしましたが、婚姻届を提出した後に流産してしまい、その後は元夫と話し合って子どもはつくらないことになりました。元夫は、はじめは元気に働いていましたが、結婚後ほどなくして精神を患い、私に暴言を吐いたり大声で叫んだりするようになりました。最終的に元夫は入院し、双方の実家で話し合い元夫が入院中に離婚が成立しました。

当時私は27歳で、人生を一からやり直そうと思い、社会復帰して医療事務の仕事を始めました。辛かった結婚生活が思い出されるので結婚はもう二度としないと決めていましたが、ある男性から猛烈なアプローチを受けて交際を始めることとなりました。私より4歳年下の駆け出しの外科医です。もう一生一人で生きていく覚悟を決めていたので、交際を申し込まれたときは、実はバツイチであることも伝えて何とか身を引いてもらおうとしました。ところが最近の若い男性にはあまり見られないような強引さと彼の誠実さに惹かれて、お試しで付き合うことになりました。

彼との交際は本当に楽しく、忙しい仕事の合間を縫ってデートを重ねていき、お試し期間を過ぎても交際を続けていました。そしてお付き合いを始めてから1年経った33歳の時、彼からプロポーズを受けました。彼の家は3代続く医者の家系で、バツイチで学歴もない私が結婚を許してもらえるわけがないと思い、プロポーズはその場で辞退しました。そして結婚を前提としてお付き合いできる女性を探した方がいい、と暗に別れを申し出ました。

探偵事務所による調査をされていた

その時の彼は本当にがっかりした様子で、しばらくの間は距離を置いていました。私自身、彼のことは好きでしたが、自分よりももっと素敵な女性はいくらでもいるのですから、このまま別れて彼が新しい女性を見つけられたらいいと思っていました。しかし、最近になって「親が君に会ってみたいと言っている」と連絡があり、彼の家にお邪魔することになりました。

そこで明かされたのは、私の過去の結婚歴を調査したという事実です。私が話す離婚理由が本当かどうかを確認するために探偵事務所に調査を依頼したというのです。そして、私が話していた通りの理由で離婚していたことがわかり、「前回の結婚では大変だったでしょう?うちの息子でよければぜひ結婚して支えてあげてほしい」と言われました。

私のことを調査されていたことについては、正直複雑な心境です。しかし、調査結果を通じて正確な離婚理由がわかり、私が有責による離婚でないと証明できた点はよかったのかもしれません。学歴がなく、流産経験があることも「気にしていない」と話してくださいました。

その後、改めて彼からプロポーズされて、「私でよければ」と快諾させていただきました。今は結婚式に向けて準備を進めています。これからはこんな私を愛してくれた彼を、生涯にわたってサポートしていきたいと思っています。

自分の過去について調査されることに抵抗があるのは当然のことでしょう。しかし、今回のケースのように調査結果の内容がプラスに働くこともあるのです。結婚調査された方からのお話でしたが、もし今後、交際相手について調査してもらいたいとお考えでしたら中央リサーチ岡山にお気軽にご相談ください。

結婚・身上調査について詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ3

借金の主債務者が夜逃げ!居場所を突き止めてお金を取り戻せ

連帯保証人は、主債務者が借金を返済しない場合、どのような理由であろうと代わりに借金を返さなければなりません。もし主債務者が逃亡すれば、大変なことになってしまいます。ここでは、主債務者の居場所を探偵の調査で特定したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。親族から頼まれ連帯保… […続きを読む]

探偵ブログ4

消息不明の友人と再会したい。探偵の調査で発見を目指す

同窓会のために古い友人に連絡を取っていると、どうしても消息のつかめない人が出てくることがあります。せっかくの機会ですから、できれば全員そろうのが理想でしょう。ここでは、友人の所在調査を探偵に依頼した事例を紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。同窓会を開いたが、1人だけ消息がつかめない… […続きを読む]

探偵ブログ8

子どもの頃、川で溺れかけたところを助けてくれた男性にお礼を言いたい

今回は、命の恩人との再会を願う女性から伺ったお話です。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。溺れているところを助けてもらう私が小学2年生の夏、近所の川で友達と水遊びをしている時に足を滑らせて岩から転落し、溺れかけたことがありました。それを見た私の友達が叫び声をあげ、通りがかった男子中学生にすぐに救助してもらい、何とか一命をとりと… […続きを読む]