探偵ブログ14

夫の浮気を見抜いた女性が語る「女の勘」とは

今回お話を伺った女性は、浮気の兆候を見抜いた女性が、証拠を確保するために探偵事務所の浮気調査を利用したそうです。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。

私は結婚4年目の34歳の女性です。今は3歳の女の子と2歳の男の子を子育て中で、専業主婦をしています。5歳年上の夫とは知人を介して知り合い結婚しました。夫は超がつくほどまじめな性格で、浮気や不倫とは無縁の人だとずっと思っていたのですが、昨年、夫が浮気していたことがわかりました。

夫の匂いがいつもと違う

直接、浮気現場を見たわけではないですし、携帯を盗み見たわけでもありません。「女の勘が働いた」という言い方が一番ふさわしいかもしれません。その「女の勘」が働いた一番の理由は、夫の匂いの変化でした。

夫は帰宅したとき、いつもなら汗臭いにおいと髪の毛からたばこのにおいがします。しかし、週に1~2回、そんな汗臭さを全く感じさせず、むしろ石けんのいい香りを漂わせて帰宅する日があったのです。仕事は外回りで動いていることが多い夫は、余程寒い時期でなければ多少なりとも汗をかいているはずですし、1日1箱以上たばこを吸う夫の髪の毛に、たばこのにおいがついていないのはとても不自然だと感じました。

夫の会社にはシャワーなどありません。そうすると、会社以外の場所で体や髪の毛をきれいにしていることになります。帰宅途中にサウナや温泉に立ち寄っている可能性も否定できません。ですので、石けんの匂いを漂わせて帰宅した日に「どこかに寄ってきたの?」と確かめてみたのですが「まっすぐ帰ってきたよ」と言われてしまいました。

ますます浮気を疑う気持ちが強くなり、なんとしても真実が知りたくなりました。ですが、わが家には未就園児の子どもが2人いて、自ら夫を尾行して真実をはっきりさせることはできません。そこで、探偵事務所に夫の浮気調査を依頼しました。

夫の浮気が判明し再構築へ

浮気調査を依頼した3日目、ついに動かぬ証拠を確保してもらうことができました。夫と若い女性が会社から少し離れたところで待ち合わせをし、そのままラブホテルに直行する姿を探偵事務所のスタッフさんが撮影してくれたのです。夜間の撮影でしたが、とても鮮明に写っていました。探偵事務所の調査力はもちろん、撮影の技術にも驚かされました。

その後、調査してもらった証拠を見せて夫を問い詰めると、事実を認め、謝罪してきました。相手は取引先の女性で、つい出来心で浮気をしてしまったそうです。「できればその取引先の女性とはもう会ってほしくない」と伝えると、「他の取引先を探す」と言って、相手の女性が勤める会社とは取引を中止し、もう二度と会わないと約束してくれました。あれから1年経った今も、夫とは再構築中です。浮気前の関係に戻るまで、もう少し時間がかかりそうですが、今は夫のことを信じてみることにします。

においでご主人の浮気を見抜いたこちらの女性は、素晴らしい推理力だなと思いました。弊社では、専門の調査力でもって浮気の証拠を確保し、トラブル解決のお手伝いをすることができます。パートナーの浮気でお悩みでしたら、ぜひ中央リサーチ岡山にご相談ください。

 

浮気・不倫調査について詳しく見る

調査事例のご紹介

浮気・不倫の記事一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ14

浮気調査する時に役立つグッズとは?!

はじめにパートナーに浮気されているかも…と思った時、探偵に依頼しようか迷う方は多いでしょう。確実に証拠集めしてもらえると分かっていても、費用がかかるのは間違いないからです。では、自分で浮気調査してみようとなったら、どんなグッズを用意すればいいのでしょうか?ここでは自分でパートナーの浮気調査をする際に役立つグッズをご紹介したいと思います。オ… […続きを読む]

探偵ブログ9

会社に頻繁に泊まる夫!浮気調査の先にあった事実

仕事が深夜に及び、たまに会社に泊まることはあったものの、それが週1にも増えてしまったことで浮気を心配した奥さまからの相談をご紹介します。※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。残業夫が会社に泊まる大手運送会社でドライバーをしている夫。ニュースでも多く取り上げられているように近年は荷物量が激増し、残業が多くなりました。本当に毎日クタク… […続きを読む]

探偵ブログ13

子どもが授からず再就職した妻 偽りの残業の裏にあった浮気

専業主婦だった妻が仕事に就き、浮気をしてしまう、といった話はよく聞きますが、このケースは、子供が欲しかったのに授からなかったという抑えきれない母性が原因の浮気でした。(弊社へのご依頼案件ではございません。体験談を元にフィクションを交えて構成しています。)妻の就職「私、働きたいのだけれど。」と、妻に相談された時、正直戸惑いました。私は、30… […続きを読む]