探偵ブログ11

夫の浮気を疑うこと1年。我慢の末、探偵事務所に調査を依頼

今回は、夫の浮気を1年も疑い続けていたという女性からのお話です。
※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。

自宅での夫の様子がおかしい

私は38歳の主婦です。7歳年上の夫は会社経営をしています。私たちの出会いは今から15年ほど前、キャバクラで働いている時に夫がお客様として来店したのがきっかけでした。私はまだ結婚は考えていなかったのですが、夫からのアプローチに押されて結婚し、私はキャバクラと昼間の仕事を退職してずっと専業主婦をさせてもらっています。

そんな夫の浮気を疑い始めたのは1年ほど前からです。帰宅時間が遅いのも、肌身離さず携帯電話を持ち歩いているのもいつものことなので気になりませんが、家で何をしていても上の空になっていたり、話をしても目をそらされたりすることが多くなりました。仕事で何か大変なことでもあるのか尋ねてみると「仕事は順調だ」と。体調が悪いようなら病院を受診した方がいいと勧めても「俺は病気じゃない」と言われてしまい、解決策が見つかりませんでした。

ある日、自宅のソファーで携帯を操作する夫の背後を、気づかれないようにして歩いていたとき、携帯電話の画面を覗いてみました。するとLINEで若い人が使いそうなスタンプが押された画面と、相手の名前に女性の名前が書かれているのが見えてしまいました。本当に一瞬だったので、細かい文字までは見えませんでしたが直感的に浮気を疑いました。

しかし、浮気を問い詰めたところで家庭がどうなるのかわかりません。もし離婚となった場合、私は15年も働いてこなかったので今のような生活水準を維持できる自信はありません。この1年間、浮気相手との関係が終わることを願って夫を支えてきました。

浮気調査を依頼し、浮気の証拠を掴む

ある時、このまま浮気を疑い続けるのは精神的に限界だと思い、夫が浮気相手と続いているのかどうか、探偵事務所に調査を依頼してみました。その結果、残念ながら夫は浮気相手と交際を続けていると報告を受けました。調査報告書を見た時は、怒りを通り越してただただ悲しくなりました。相手の女性は夫の会社で秘書をしている女性で、年齢はまだ20代後半、写真で見る限りではとても美人で聡明に見える女性でした。

その日、帰宅した夫に「浮気はもうやめてほしい」と伝えました。とても驚いた様子で「浮気なんてしてない」と、とぼけていましたが探偵事務所の方の調査報告書を突きつけると、観念した様子で浮気を認めていました。夫とよく話し合い、職務権限で秘書を異動させることと、いつでもGPSで夫の居場所を探しても構わないと約束してくれて、離婚はしないことになりました。

現在、夫とは再構築中です。夫はよほど反省したのか、仕事がない土日は今までにないくらい家事を手伝ってくれるようになりました。夫の浮気を1年間も疑っているくらいなら、もっと早くに白黒つければよかったと思います。浮気調査を依頼するなら早いに越したことはないですね。これから探偵による調査を依頼する方にとって私の話が参考になれば幸いです。

貴重な体験談をありがとうございました。一年もの間、浮気を疑いながら耐えたというのは大変なご苦労でしたね。この女性がおっしゃる通り、怪しいと思ったらすぐに探偵事務所を探して依頼することが賢明です。浮気調査をご検討でしたら、ぜひ中央リサーチ岡山にご相談ください。

 

浮気・不倫調査について詳しく見る

調査料金について詳しく見る

浮気・不倫の記事一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ10

夫から切り出された離婚。その裏には女性の影が…

ある日突然、妻や夫から離婚を切り出されたら、衝撃で冷静な判断ができなくなります。しかし、その原因を探ると意外な事実が発覚する場合があります。今回は、夫に離婚を切り出された妻が反撃に出たケースをご紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫がいきなり「離婚したい」と言いだした相談者:30代女… […続きを読む]

探偵ブログ6

妻の浮気相手は夫の弟! 身内を調査するつらさに耐えて解決

浮気相手になりやすいのは、職場の同僚や昔の恋人にご近所さんなど、普段から接点のある人たちです。そうなると、配偶者の親族にも少し警戒しなくてはなりません。ここでは、妻が夫の弟と浮気をしていたケースをご紹介します。※弊社にご相談いただいた調査案件ではありません。事実をもとに構成したフィクションです。妻と弟が手をつないでいるところを母が目撃、浮… […続きを読む]

探偵ブログ11

第二の人生を謳歌していた70代姑の浮気

今回は、義理の母親が探偵により調査されていたという女性の体験談です。セカンドライフを満喫していた70代の夫婦に起こった悲劇をご紹介します。※実話をもとにしたフィクションです。姑宛てに内容証明郵便が届く私は44歳の兼業主婦です。夫とは結婚して15年目を迎え、小学生の息子2人と4人暮らしをしています。夫の実家は自宅から車で5分ほどのところにあ… […続きを読む]