探偵ブログ11

浮気調査の技術面での格差

現実の浮気調査はドラマや映画とは大違い

浮気調査とは対象者に「気づかれないように」、その行動を把握して同時に証拠を捉えていくお仕事です。
探偵のドラマや、映画などを見ていると、あたかも探偵のお仕事は簡単そうに思われるかもしれませんが、それはフィクションだからなのです。
本物の探偵調査で万が一、簡単に考えて興味本位で探偵ごっこをすると直ぐに失尾してしまったり、時には対象者に気づかれ、ストーカーと間違われるような事もあります。だから実際は慎重に進めざるを得ない特殊な仕事なのです。

また、このお仕事には基本的なマニュアルもなく、順調に進めて行くためには、その時々でケースバイケースに機転を利かしながら進めていかないと行けません。
このお仕事は事案ごとに、対象者が変わるわけですから、行動パターンも変わり、交通手段、立ち寄り先、警戒の度合いなど個々に毎回、違うのです。現場は常に緊張感を持ち、緊迫した雰囲気で進められます。
特に探偵は技術、集中力、忍耐力、予測力、機動力とあらゆる力量が必要なのです。もし探偵の経験年数が浅く、調査の技術レベルが100点中で20点レベルと低い場合、例えば調査最初のスタート段階で対象者に露見したりする恐れもあるのです。

プロの探偵育成のため研修・訓練を積み重ねる

弊社のスタッフも最低3年間は見習いでプロと同行したりする補助的役わり程度のお仕事に限定し、お仕事をしています。見習いは1日も早くプロレベルになる為に、日々研修や実地訓練などをしているのです。
弊社の場合、探偵経験が約7年でようやく100点満点中、70点レベル(弊社は70点を合格ラインとみなす)の探偵として判断し現場に起用しているのが現状です。さらに経験年数が10年超えてくると、あらゆる事案の場数を踏んでいて探偵は、80点、90点レベル成長し経験豊富な探偵といえる年数になるのです。
そう考えると、プロ野球のようなアスリートに似たお仕事のようで、普通のお仕事とは全くかけ離れているのです。
私も20歳からこの仕事をはじめ、約30年が経過いたしましたが、現在私は、野球で例えると、コーチみたいな役割をしています。

振り返ってみると現場での現役時代は30代前半~40代前半の時が一番仕事ができたような気がします。そして、これからも、つらい思いをされているお客様のお力になる為に、高度な技術のある探偵(100点レベルのプロ中のプロ)を育成してまいりたいと思っています。

浮気・不倫調査について詳しく見る

浮気・不倫の記事一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ10

浮気調査で疑惑を解消!帰宅の遅い夫は浮気などしていなかった

配偶者の浮気を疑ってしまうことは誰にでもあります。しかし、感情的に問い詰めるのはおすすめできません。なぜなら、浮気が誤解である可能性も十分にあるからです。ここでは、探偵の浮気調査によって浮気が誤解だと判明したケースを紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫の残業が突然増加。浮気ではない… […続きを読む]

探偵ブログ13

性格の不一致は離婚理由になるの?

離婚の原因は夫婦それぞれの理由がありますが、最も多い理由は「性格の不一致」が挙げられます。結婚する時はこの世で一番性格が合う人だと直感したにも関わらず、離婚する時は「性格が合わない」と変わってしまうのはなぜでしょうか?そもそも、「性格の不一致」「価値観の相違」は離婚の理由になるのでしょうか?離婚理由の第一位は性格の不一致離婚理由の第一位は… […続きを読む]

探偵ブログ13

子どもが授からず再就職した妻 偽りの残業の裏にあった浮気

専業主婦だった妻が仕事に就き、浮気をしてしまう、といった話はよく聞きますが、このケースは、子供が欲しかったのに授からなかったという抑えきれない母性が原因の浮気でした。(弊社へのご依頼案件ではございません。体験談を元にフィクションを交えて構成しています。)妻の就職「私、働きたいのだけれど。」と、妻に相談された時、正直戸惑いました。私は、30… […続きを読む]