探偵ブログ2

繰り返された妻の浮気。徹底的な解決が夫婦円満につながる

浮気をしたかどうかでパートナーと言い争い、疲れて追求をやめてしまった経験はないでしょうか。争いを避けるのは大切なことですが、問題を中途半端な状態で放置すると、かえって泥沼化することもあります。妻が浮気を繰り返してしまった男性の事例をご紹介します。※弊社にいただいた案件ではありません

妻が2回目の浮気! 1回目は許したが、今度はどうすれば?

私たち夫婦は結婚5年目です。一件平和的な家庭に見えますが、結婚3年目に妻が浮気をし、大ゲンカに発展したことがあります。

当時、妻は「浮気はしたが、肉体関係はなかった」と主張しており、反省しているから許してほしいと謝罪してきました。私もそれを受け入れ、一応関係を修復しました。泥沼化することを恐れていましたし、実際、肉体関係の証拠はなかったのです。

ところが、結婚5年目になってまたしても妻の浮気が発覚しました。繁華街を男と歩いているところを、偶然目撃してしまったのです。すぐにでも問い詰めようとしましたが、それでは前回と同じ結果になると思いとどまり、平静を装って数日間を過ごしました。

友人の助言で探偵に相談。想像よりもクリーンな職業だった

私は思い悩んだ末、友人に相談しました。友人は「証拠がないと話にならない。探偵事務所に浮気調査を依頼したらどうか」と助言してくれました。正直に言うと、私は探偵という職業にあまりいいイメージを持っていませんでした。他人の秘密を調べているという後ろめたい先入観があったからです。

結局、思い切って探偵事務所を訪問してみましたが、私の勝手なイメージは完全に覆されました。
オフィスはきれいですし、受付の対応もしっかりされています。担当者さんからは、探偵業法を尊守し合法的な捜査のみを行っていることや、必要があれば提携している弁護士事務所を紹介してもらえることなどを教えてもらえました。

これなら信頼できると思い、浮気の事情を話したところ、1回目の浮気における私の対応は悪手だったとわかりました。不貞行為の証拠があれば、自分から離婚訴訟を起こせる上に慰謝料も高くなる。何より相手に言い逃れを許さないなど、証拠のメリットが非常に大きいことを教えられたのです。私はその日のうちに浮気調査を依頼しました。

浮気相手は前回と別人! 追求の甘さを後悔することに

結論から言うと、妻は浮気をしていました。しかも、驚いたことに相手の男は1回目とは別人だったのです。探偵は、2人がホテルに入る様子を撮影してくれていました。

妻に証拠写真を見せ、前回の反省が見られないことを指摘すると、妻はまたしても「もうしない、許してほしい」と平謝りしてきました。ここで私の気持ちは完全に冷めてしまい、妻との別居を決意しました。

まだ確定はしていませんが、おそらく離婚することになると思います。こんなことになるなら、最初の浮気の時点で探偵に依頼しておくべきでした。あの時妻を徹底的に反省させておけば、2回目は防げたかもしれないのです。手際よく調査をしてくれた探偵の方には感謝しています。

浮気の証拠を入手すれば、パートナーの言い逃れはできなくなります。
夫婦円満のためにパートナーの問題点を徹底的に追求した方がいい場合もあります。浮気調査はそのための手段なのです。浮気を疑っているにも関わらず、何もせずお一人で悩まれていても解決はしません。中央リサーチ岡山ではお客様の不安を取り除けるよう、最善の調査をいたします。ぜひご相談ください。

浮気・不倫調査について詳しく見る

調査事例のご紹介

調査料金について詳しく見る

浮気・不倫の記事一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ10

妻の無実を証明できるか?母が持ち出した浮気疑惑

パートナーの浮気を自分が真っ先に把握できるとは限りません。身内や友人が先に疑いを持ち、大きなトラブルに発展することもあります。今回は、妻が夫の両親から浮気の疑いをかけられたケースを見ていきましょう。※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。妻と仲の悪い母から「嫁が浮気をしている」と連絡が!私の母と妻は結婚当初から折り合いが悪く、… […続きを読む]

探偵ブログ11

浮気調査の技術面での格差

現実の浮気調査はドラマや映画とは大違い浮気調査とは対象者に「気づかれないように」、その行動を把握して同時に証拠を捉えていくお仕事です。探偵のドラマや、映画などを見ていると、あたかも探偵のお仕事は簡単そうに思われるかもしれませんが、それはフィクションだからなのです。本物の探偵調査で万が一、簡単に考えて興味本位で探偵ごっこをすると直ぐに失尾し… […続きを読む]

探偵ブログ11

第二の人生を謳歌していた70代姑の浮気

今回は、義理の母親が探偵により調査されていたという女性の体験談です。セカンドライフを満喫していた70代の夫婦に起こった悲劇をご紹介します。※実話をもとにしたフィクションです。姑宛てに内容証明郵便が届く私は44歳の兼業主婦です。夫とは結婚して15年目を迎え、小学生の息子2人と4人暮らしをしています。夫の実家は自宅から車で5分ほどのところにあ… […続きを読む]