探偵ブログ10

浮気調査 ママ友と浮気疑惑をかけられたイクメン夫

妻が外で働き、夫が家事育児を担当する夫婦の間で起きた、夫の浮気疑惑の調査依頼をしてきた女性からのお話です。
※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではありません。

逆転夫婦

私は大手不動産会社に勤める、都内に住む30代後半の会社員です。
夫とは結婚して12年になります。
子供が中々できず、あきらめていた6年後に待望の男の子を授かりました。
しかしながら、その頃の私は出世し、部下を何人も抱える管理職としての地位を築いていました。
出産間際まで働き、産後も6ヵ月を過ぎて仕事に復帰しました。

独立して自宅でフリーランスのWEBデザインの仕事をしていた夫とは年収もかなりの差ができ、時間が自由になる夫の方が率先して主夫となり子育てをしてくれていました。
夫は綺麗好きで、料理も上手で育児も完璧にこなしてくれるので、私は、安心して仕事に打ち込むことが出来ました。
子供が成長していくと共に、私の仕事も益々忙しくなり、幼稚園の行事に出られない事も度々あり、「少しは子供の気持ちも考えてあげなさいよ。ママが来るのを楽しみにしていたのに。」と、世間一般では、夫が妻に咎められるようなお叱りを逆に受けることも多々ありました。

夫の活躍

夫は主夫が性に合っているのか、毎朝子供にキャラ弁を作り、周りが引き受けたがらないような幼稚園の役員理事等に積極的に参加し、地域に貢献していました。
元々人懐っこく如才ない夫の性格に、最初は専業主夫なんてと怪訝に思っていた周りのママ達からも人望を集め、ママ友が沢山できたと私に自慢してくるようになりました。

時々家で幼稚園や地域の父兄達との子供会の打ち合わせ等を夜遅くまで熱心にやることもあり、お得意先との飲み会で酔って家に帰った時に遭遇してしまい、ばつが悪い事もありました。

見知らぬ女物のハンカチ

そんなある日、たたんだ洗濯物の中に見知らぬ女物のハンカチを見つけました。
「あら、このハンカチ私のじゃないわよ。」
そう言った時夫が一瞬固まったのを私は見逃しませんでした。
「この前、家で集会した時に誰かが忘れていったのかな。聞いておくよ。」と夫は早口で答えました。

探偵事務所に浮気調査を依頼

女の感というのでしょうか、不安と、怒りのような気持は日々強くなり、思い切って探偵事務所に夫の浮気調査を依頼してみることにしました。

夫は、家に何人かのママ友達を招いてランチ会を頻繁に開いたり、同じ幼稚園に通うママ友の一人と、車で30分程の郊外のスーパーまで出向き、仲良く買い物をしている画像もありました。
ホテルに入った等の決定的証拠はありませんでしたが、そのママ友と二人きりで昼間に我が家で過ごすこともあったようです。

私はどこかで夫を見くびっていました。
私は、それなりの地位の人達とも対等に立ち向かい、時には何千万ものお金が動く案件を扱い、緊張感に包まれることもあります。
家で気楽に家事をやっている夫とはスケールが違うのだと、心の奥では夫を馬鹿にしている部分があったのです。
そんな夫が浮気だなんて考えたこともありませんでしたし、許しがたい事でした。
探偵事務所の調査結果を夫に打ち明け、問い詰めました。

ママ友達にとって夫は、男性としての意見を具体的に聞けるので、良い話し相手であったようです。
その中の一人と子育ての悩みや、家のごたごたの相談事を聞いている内に仲良くなってしまったと。
家に二人になったことはあるけれど、決して第一線を越えていない、信じて欲しいと言い必死であやまってきました。

私は、家の事を顧みず、全て夫に任せ、家に帰れば疲れたと夫の相手をする余裕もありませんでした。
ママ友達の悩みというのは、私のような夫の愚痴だったのでしょうか。
夫はそれを聞いて僕と同じだなって思っていたのでしょうか?
私も専業主婦だったらきっと毎日ママ友達と、愚痴を言い合っていたかもしれません。
夫のグレーな行動を許せないものの、私にも沢山の落ち度があり夫にばかり甘えていた自分に反省をしました。

転勤 新たな出発

そんなある日、私に福岡支店への転勤の内示が出ました。
こんな時にどうしようと思っていると、夫がみんなで一緒に行こう、これからも全面的にバックアップするから、もう一度チャンスが欲しいと言ってくれました。
何よりも子供の事を考え、お互い協力し合い、もう一度やり直してみようと決心をしました。

あの時、探偵事務所の扉を開かなければ、こんな気持ちにはなれませんでした。
探偵さんにきちんと調査していただき本当に良かったです。
家族三人、頑張って歩いていこうと思います。ありがとうございました。

イクメンブームとも言われ、これからこうした夫婦の形も一般的になってくるかもしれません。
夫婦の形は様々です。パートナーを不審に感じることがありましたら一人で抱え込まないで、中央リサーチ岡山に相談してみてください。ご連絡お待ちしています。

 

浮気・不倫調査について詳しく見る

調査料金について詳しく見る

探偵ブログ:「浮気・不倫」一覧ページへ

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ7

ホテルを使わず職場で不貞?慰謝料請求可能か弁護士のアドバイス

残業を言い訳に不倫私の夫は小さな企画会社を経営していて、社員3名の事務所を構えています。時々残業で遅くなったり、事務所に泊まって朝帰りすることがあります。 仕事が忙しいというのは言い訳で、こっそりスマホを見たところ、どうやら女性社員と不倫関係にあるようなのです。不倫は一年以上続いており、私はもう離婚したいと思っています。 二人に慰謝料を請… […続きを読む]

探偵ブログ6

【浮気調査】父の浮気の代償

意識不明の状態のお父さんに実は隠し子がいた。浮気相手だった女性の居場所を調査してほしいという依頼をしてきた兄妹のお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。突然の母の告白元気だった父が交通事故で意識不明の重体となりました。 65歳とまだまだこれから老後の人生を楽しめたはずの父… […続きを読む]

探偵ブログ9

妻の浮気を知らせに来た女性

探偵事務所の浮気調査の結果を持って訪ねて来た女性によって、妻の浮気を知ることになった男性のお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。若返った妻私は高校生の息子と中学生の娘がいる40代の会社員です。 父親として、真面目に働き家族の為に頑張ってきました。 妻もパートに出ながら家… […続きを読む]