探偵ブログ3

ご近所さんが逆恨みで嫌がらせ! 探偵の調査で証拠を入手し撃退

いつも仲よくしているご近所さんとも、ふとしたきっかけで関係がこじれてしまうことがあります。ケンカをする程度ならともかく、嫌がらせに発展すれば見過ごすわけにはいきません。ここでは、ご近所さんからの嫌がらせを探偵の調査で解決したケースをご紹介します。
※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

突然近所の男性から嫌がらせが。証拠がなく追求しきれない

私は60代の男性で、町内会の役員を務めています。ご近所さんとの関係は良好でしたが、ある日斜向かいに住んでいるBさんがものすごい剣幕で怒鳴り込んできました。何でも、私がBさんの悪口をご近所の皆さんに吹き込んだというのです。
私にはそんな記憶はまったくありませんでした。何かの誤解ではないかと必死に説得しましたが、結局Bさんは納得せず「今に見てろ」と捨て台詞を残して帰りました。

その翌日、私は朝の散歩のために外に出て目を疑いました。何と、家の壁一面に落書きがしてあるのを見つけました。
私はすぐにBさんがやったものと考え抗議をしましたが、「そんなことはやっていない。俺が犯人だというのなら証拠を出してみろ」の一点張りです。確かに証拠は何1つありませんから、私は引き返すしかありませんでした。

嫌がらせは激化。警察はあてにならず、探偵に調査を依頼

Bさんによるものと思われる嫌がらせは、それから何度も発生しました。落書きはまだいい方で、表札の名前を潰されたり、窓ガラスに石をぶつけられたり、庭にゴミを投げ入れられたりしました。さらには、夜中に庭に侵入され、鉢植えを割られたこともあったのです。

堪忍袋の緒が切れた私は警察に相談しました。ところが、確証がある証拠がないという理由で、「パトロール時には巡回する」とのことでした。被害届は受け付けてくれましたが、どうやら警察は事件性の低い場合には、積極的には動いてはくれないように感じました。

何とか解決できないものかと悩んでいた私は、探偵に嫌がらせ調査を依頼することにしました。嫌がらせは主に夜中に発生しているので、私や家族が現場を押さえるのは難しかったからです。相談の結果、数日間の張り込みをお願いすることになりました。

調査でいくつもの証拠を入手。犯人は書類送検に

調査結果はすぐに出ました。調査初日に、Bさんが庭に侵入し、あろうことか家の壁に立ち小便をしていったのです。もちろん証拠の動画はしっかりと撮れています。念のためさらに数日の調査を行い、合計3回分の証拠を入手しました。

私は証拠写真を手に警察へ行き、何とかしてほしいと訴えました。執拗かつ悪質な犯行であることがわかったため、今度ばかりは警察も動いてくれました。Bさんは証拠を突きつけると犯行を認め、謝罪をしてくれました。
それ以降、嫌がらせはピタリと止みました。あまり追い詰めると良くないと思い、慰謝料請求などは行いませんでしたが、結果には満足しています。

嫌がらせの証拠を入手するには、探偵が確実

ご近所トラブルは個人間の小さな揉めごとのため、警察はなかなか介入しません。警察を動かすには、器物損壊などの明確な被害があったことを示した上で、確実な証拠を入手する必要があります。
自力で証拠を入手するのは難しい場合や危険なことも多くあります。
中央リサーチ岡山では証拠撮りも専門的に行っています。裁判証拠収集は最も得意とする調査ですので、ご検討の際にはぜひ一度ご相談ください。

中央リサーチ岡山の「嫌がらせ対策」を詳しく見る

調査料金について詳しく見る

 

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ1

外出中に家が荒らされる!犯人を探偵の調査で特定

1人暮らしの人にとって、外出中の家の様子は気がかりなものです。今回は、家主の外出中を狙って嫌がらせが行われたケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。依頼者は1人暮らし。夜勤から帰ると家の前に生ゴミが私は独身で両親も他界しており、一軒家で1人暮らしをしています。 仕事は3交… […続きを読む]

探偵ブログ12

交際相手の言葉を信じて結婚、失敗続出?

「好きな人と一緒にいるだけで幸せ」「結婚したら好きな人と幸せな家庭を築きたい」、と思うのはいつの時代も変わりません。結婚を意識している相手からプロポーズをされたらまさに「人生の幸せを感じる瞬間」と言えるでしょう。しかし、近年は「結婚後に相手の性格が変わった」、「こんな人だとは思わなかった」と後悔して離婚するケースが急増しています。このよう… […続きを読む]

探偵ブログ5

自宅に盗撮写真が送られてくる。ストーカーの正体は誰だ?

現在の法律では、盗撮写真の送付などにより「見張っている」ことをアピールするだけでもストーカーとして扱われます。今回は、大量の盗撮写真を送りつけられた事例をご紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。1人暮らしの女性の自宅に、盗撮写真が送りつけられる!私は以前、同僚の男性をおもいっきり… […続きを読む]