探偵ブログ7

1人暮らしの息子の様子が心配! 探偵の素行調査で解決

親御さんにとって、1人暮らしをしているお子さんの様子は気になるものです。親元から離れて自由になった分、素行が悪化していても不思議ではありません。ここでは、1人暮らしのお子さんの素行調査を探偵に依頼したケースを紹介しましょう。
※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

息子が初の1人暮らし。なかなか連絡をよこさず心配に

私は50代の会社員です。妻と息子との3人暮らしでしたが、息子が晴れて大学に合格したため、初めての1人暮らしを始めることになりました。何しろ1人息子なので、とにかく大事に育ててきたつもりでしたが、本人はそれを鬱陶しく感じていたようです。

1人暮らしが始まってからも、私と妻はちょくちょく息子に連絡を取っていました。しかし、息子は「大丈夫だよ」「うるさいからそんなに連絡してこなくていい」と繰り返すばかりで、近況を具体的に報告してくれません。「もしかすると親に言えないことでもやっているのでは?」と、私も妻も心配でなりませんでした。

不意打ちで息子を訪ねるも留守。思い切って探偵に調査を依頼

一度息子に連絡をした上で遊びに行ったのですが、その時は特に変わった様子はありませんでした。これは当たり前のことです。何か悪さをしていたところで、親が来るとわかっている時にそんな様子を見せるはずがありませんからね。

その後、2回ほど不意打ちで息子のアパートを訪ねましたが、いずれも家を空けていて会うことができませんでした。「日曜日なのに朝からどこに行っているのだろう?前日の夜からずっと遊んでいるのだろうか?」と思うと、ますます息子の素行が心配になりました。

そこで私は、現地の探偵に息子の素行調査を依頼することにしました。妻は「そこまで大事にする必要はない」と反対しましたが、私はもう辛抱ならなかったのです。探偵は私の話を真剣に聞いてくれ、「息子さんのことを心配するのは親として当然」と同意してくれました。

息子は真面目に大学へ行っていた。心配し過ぎたと反省

探偵の調査では、主に2つのことをしてもらいました。まず、息子が毎日きちんと大学に行っているかの調査。そして、休日に息子が何をしているかの調査です。1週間みっちりと調査をしてもらいましたが、結果は「息子は毎日真面目に大学へ行っており、休日は友達と遊ぶかアルバイトをしていた」というものでした。

息子はインドア派で友達作りも苦手だとばかり思っていたのですが、何のことはない、無事に大学生活を謳歌していたのです。息子を疑ったことが親として情けなくなりました。この様子なら、息子はしっかりと親離れをしてくれるでしょう。こんな親の悩みに付き合ってくれた探偵には感謝しています。

まとめ:家族の素行が心配なら、探偵の調査で真相解明を

家族の素行を気にするのは当然のことです。大げさだと思うかもしれませんが、探偵の素行調査で真相をはっきりさせれば、悩みの種を1つなくすことができます。中央リサーチ岡山では、遠方の調査も承っております。離れて暮らす家族の様子が心配になったら、ぜひご相談ください。

中央リサーチ岡山の素行調査を詳しく見る

調査料金について詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ2

女子高生の登下校に出現するストーカー調査

今回は、高校に通うお子様へ繰り返されるつきまとい行為の証拠をつかみたいと探偵事務所に依頼してきた両親の体験談をご紹介します。※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。登下校に感じる不気味な視線高校2年生の娘から、ここ最近学校の行き帰りに知らない人につけられているような気がすると言われま… […続きを読む]

探偵ブログ9

実家に残った母は大丈夫?探偵の調査で様子を確認

実家を出た人にとって、残してきた家族はとても気がかりなものです。今回は、母親の見守り調査の事例を見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。突然の異動命令!引っ越しを決意するも母は同意せず私は大学時代を除いて、ずっと地元で暮らしてきました。現在は母と妻、息子との4人家族です。仕事も順… […続きを読む]

探偵ブログ1

突然化粧や持ち物が派手になった娘の行動調査をしてほしい

今回は、家族の変化を敏感に感じ取った母親が、探偵に娘の行動調査を依頼したというエピソードをご紹介します。 ※実話をもとにしたフィクションです。急に身なりが派手になった娘私には21歳の大学生の娘がいます。この娘が最近、急にファッションやメイク、ブランド物のカバンに興味を示すようになりました。自分で働いたお金で服や化粧品など好きなものを買うよ… […続きを読む]