探偵ブログ10

自ら浮気をバラしてくる心理は?不倫相手から妻へ存在アピール

不倫だと分かっていても、関係を続けているうちに気持ちが強くなり過ぎることがあります。その結果、隠すはずの関係性だということを忘れてしまうどころか、エスカレートして自分の存在を気づいて欲しくなることもあります。
今回は、パートナーの不倫相手から無言のサインを受け取ってしまった女性を紹介します。
※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

気のせい?助手席シートの微妙な異変

結婚して3年程が過ぎた頃だったと思います。夫の車に乗ると、ちょっとしたことが気になるようになったのです。最初は、シートの位置でした。私は身長が低いというのもあり、シートの位置はかなり前だったのですが、その位置がよく変わっていたのです。また、シートの角度も微妙に違っていました。
しかし、浮気を疑うことはありませんでした。なぜなら、夫は個人事業で仕事をしていたので、多くの人を車に乗せるというのを知っていたからです。

不自然な忘れ物

しかし、そのうちヘアクリップやシュシュなど、明らかに若い女性のものと思われる忘れ物を見つけるようになりました。。夫に聞くと、取引先の女性の忘れ物かな?と答えていました。身につけるものをそんな頻繁に落とす?と、疑う気持ちはありましたが、なんとか納得するようにしました。夫の仕事を邪魔したくないという思いもありましたし、信じたいと思っていたからです。
今、考えればその行為が相手の気持ちを刺激したのかもしれません。

エスカレートするサイン

そのうちに、家に無言電話がかかってくるようになりました。ついには、差出人不明の手紙が切手も貼られていない状態で投函されるようになったのです。
このようなことが続いてくると、私も無視できなくなりました。しかし、夫に問い詰めても納得がいく答えは返ってきません。
そこで、思い切って探偵事務所へ依頼したのです。調査期間は2週間でした。結果は、予想した通り不倫をしていました。そして、手紙の投函も相手の女性だったのです。

その後、不倫相手の女性も交えて3人で話し、夫とは二度と会わないと約束させました。
その女性が言うには、最初は私と主人の間にちょっと波風を立てたかったとのことでした。
その気持ちが少しづつエスカレートし、無言電話や手紙を投函するようになったそうです。
私に対して激しい憎悪を持っているのかと不気味に思っていましたが、どちらかと言うと主人を困らせたかったようでした。

無言のアピールは本当に気持ち悪かったので、なくなってホッとしています。
主人にはお灸をすえて、これから夫婦として再出発しようと思います。

いかがだったでしょうか。不倫相手が相手のパートナーへ存在をアピールするのは、たいてい不倫関係がうまくいかなくなって捨てられそうになったときだといいます。
バラして困らせたいというだけでなく、エスカレートして事件に発展する可能性もあるでしょう。傷害など最悪のケースに発展してしまう前に早めの対応が大切です。
まずは、ご相談だけでも大丈夫ですので、気になる事があれば、いつでも中央リサーチへお問い合わせ下さい。

関連記事:妻の浮気現場に遭遇した夫 寝室のクローゼットを開けて唖然

浮気・不倫調査について詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

カーナビでわかった夫の浮気

カーナビの検索履歴から、頻繁に地方に行く夫の浮気を確信した妻が、夫が心配のあまり、探偵事務所に浮気調査を依頼したお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。夫の怪我私達は50代後半の結婚生活30年を迎える夫婦です。 一人娘が結婚し、元来まじめで家族思いだった夫は寂しそうにして… […続きを読む]

探偵ブログ11

結婚前で良かった!浮気調査で分かった婚約者の事実

探偵事務所への依頼で多いのが浮気調査です。 多くは婚姻関係にあるパートナーに関する調査依頼ですが、中には婚約者の方もいます。婚約期間に、浮気を疑うようになり結婚前にハッキリさせておきたいといった思いから依頼にいたったようです。今回は、そんな婚約者からの浮気調査体験談をご紹介します。 ※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基に… […続きを読む]

探偵ブログ9

ありえない!家族ぐるみで仲良しのママ友と夫の不倫が発覚

同じ幼稚園に通う子ども同士のママ、パパと友だちに。いわゆるママ友はみなさんにも身近な存在のはず。今回は、そんなママ友と夫の浮気調査を探偵が行ったケースをご紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫は浮気してる?なんだか行動が怪しい…相談者:30代女性 職業:専業主婦我が家は夫と私、そして… […続きを読む]