探偵ブログ7

ホテルを使わず職場で不貞?慰謝料請求可能か弁護士のアドバイス

残業を言い訳に不倫

私の夫は小さな企画会社を経営していて、社員3名の事務所を構えています。

時々残業で遅くなったり、事務所に泊まって朝帰りすることがあります。 仕事が忙しいというのは言い訳で、こっそりスマホを見たところ、どうやら女性社員と不倫関係にあるようなのです。

不倫は一年以上続いており、私はもう離婚したいと思っています。 二人に慰謝料を請求するつもりで、探偵事務所に相談しようと思っています。

ホテルの出入りは撮影できそうにない

彼らが不貞行為に及ぶのは、呆れたことに事務所内のようです。 スマホのSNSに「誕生日くらいはホテル行こうか」「いいよ(事務所の)ソファーでwww」というやりとりがありました。(メッセージ撮影済み) もし探偵事務所の方に張り込みをしてもらっても、「朝まで2人で仕事をしていた」と言い逃れされてしまうでしょうか。 それとも、複数回の事務所泊の写真とスマホのメッセージを組み合わせることで慰謝料請求は可能でしょうか。

どこまで踏み込むべきか

誕生日やクリスマスにホテルへ行くかもしれない可能性に賭け、調査を依頼することも考えていますが時間がかかる上に不確実です。 事務所へ盗聴器を設置することも考えていますが、プライバシー侵害などの違法性を問われるのか心配です(事務所の合鍵は自宅にあるので、私が持ち出すことは可能です)。

長くなってしまいましたが、質問は2点です。

  • 事務所泊の写真とスマホ画面で慰謝料請求はできるか
  • 事務所へ私が盗聴器を仕掛けるのは違法になるか

早く決着をつけて再出発したいと思っています。ご助言よろしくお願いします。

弁護士からのアドバイス

ご質問の一つ目については、最終的には裁判所の判断、ということになろうかとは思いますが、事務所に夜間に二人で入り、そのまま翌朝まで出てこなかったこと、そして、その日のSNSにおいて性行為をしたことが明らかなものがあれば、ある程度立証できている、ということができるのではないでしょうか。

もっとも、SNSや写真というのは不貞行為を直接裏付ける直接証拠ではなく、それらがあったことを推認させる間接証拠です。間接証拠しかない場合には、これを可能な限り積み上げて立証する必要がありますので、実際のSNSのやり取りがどのようなものか、というところが大きい、ということになります。そのため、個別具体的に判断するしかありません。

今回のSNSでも、推認できると判断される可能性はあると思いますが、確実に証明できる、とまで断言することはできません。他にどのような事情があるか、という点も含めて総合的に判断することになりますので、一度弁護士に相談された方が良いでしょう。

次に、事務所に相談者の方が勝手に入り、盗聴器などをセッティングすることが問題になるか、という点ですが、いくら合鍵が家にあるとはいえ、普段から会社への出入りを自由に認められている、という事情がなければ当該建物の管理権者の意志に反する建物への侵入、として不法侵入罪が成立する可能性が高い、といわざるを得ません。 ただし、民事訴訟上、これらが当然に証拠能力を持たないか、というと別問題ではあります。 もっとも、弁護士の視点としては、犯罪になりうる手段を使ってまで証拠を手にすることをお勧めするわけにはいきません。 幸い、相談者の方が夫のスマホを見れるようですから、スマホからもっと決定的な証拠を探し出す方が賢明な手段といえるのではないでしょうか。 また、ご自身で難しい場合には証拠収集を専門的に行っている探偵にご相談されるのも有効な手段となります。

調査手法は探偵事務所でもご相談を承っています

自分の会社なのをいいことに事務所で、というのは大胆というか、厄介ですね。 過去の事例では、相談者様に数日間の旅行に出ていただき、その間にターゲットが動いたということもあります。 これまでの調査経験をもとに、有効な証拠を確保できるようご提案させていただきますので、 浮気の証拠収集が必要でしたら、お気軽に中央リサーチ岡山にご相談下さい。

浮気・不倫調査を詳しく見る

裁判証拠収集を詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ8

浮気調査で探偵社が不法侵入で逮捕?

67歳のベテランの女性探偵がGPS端末を取り付けるために不法侵入して逮捕されるという事件が起きました。調査のために無断でマンションの駐車場に不法侵入し、車にGPS端末を取り付けた容疑です。今回は、その事件について見ていきましょう。建造物侵入の疑いで探偵が逮捕された事件無断でマンションの駐車場に立ち入ったとして、探偵業の女性67歳(神戸市東… […続きを読む]

探偵ブログ9

夫が元カノと復縁! 探偵の調査で浮気をやめさせ夫を奪還

浮気相手になりやすいのは、会社の同僚などの仕事関係者、そして昔の恋人です。現在のパートナーに気づかれないよう復縁しているケースは多く、交際歴の多い人には注意しなければなりません。ここでは、夫が元カノと復縁していたケースを見ていきましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。夫は10人以上と交際経験あり。妻は常に浮気を警戒私は… […続きを読む]

自身での浮気調査は、軽い気持ちで探偵の真似事をして犯罪になる事もある?

パートナーが誰と浮気しているか自分の目で確かめたいからどうしても自分で浮気調査をしたい!という方も多いです。実際に自分で浮気調査をしたら、どんなリスクがあるのか知っておくことが大切です。今回は、自分で浮気調査をして失敗した時のリスクについて解説していきます。自分で浮気調査をすると失敗しやすいのはなぜ?自分で浮気調査をすると、誤った浮気調査… […続きを読む]