探偵ブログ3

大好きだった日本人の父を探してほしい

中央リサーチ岡山では、お世話になった恩人や生き別れた親族などを探す「行方調査」のご依頼もいただいております。今回はその中から、少ないヒントで居場所を見つけてもらえたという女性のお話をご紹介します。※実話をもとにしたフィクションです。

日本人の父親を探すため日本に留学

私はアメリカ生まれの36歳女性で、母親はアメリカ人で父親は日本人のハーフです。小学校に入学した直後に両親が離婚し、私は母に引き取られてずっとアメリカで暮らしていました。今は留学中に出会った日本人男性と結婚し、日本で暮らしています。

このたび、父親を探すために探偵事務所に行方調査をお願いしました。父と母は離婚以来、一切連絡をとっておらず、私から父に会いたいといっても母親からは「あの人にはもう会ってはいけない」と強く拒まれていて、全く会うことができませんでした。ですが、諦めきれなかった私は自分で父の故郷である日本に留学して日本語を学び、自分で探そうと決意しました。

漢字の読み書きに慣れた頃、父親の名前をインターネットで検索すると、SNSのページがヒットしました。しかし、同姓同名の人が多くて、父親だとわかる人が誰もいませんでした。やはり自力で探すのは難しいと感じ、探偵事務所に父の行方を探してほしいとお願いしてみたのです。

少ないヒントで父の居場所が特定される

私が覚えていたのは父の名前と出身地、そして離婚前に撮った父の写真2枚だけでした。親が離婚する前に2度ほど、アメリカから父の出身地に行ったことがありますが、父の実家がわかるような詳しい場所は覚えていませんでした。しかし、探偵事務所の方は父の名前、出身地、顔写真だけで父親の居場所を探し当てたのです。これには本当に驚きました。

約30年ぶりに再会する父は、目元が私とよく似ていて、この人が私の父親だとすぐにわかりました。父は、探偵を雇ってまで自分を探してくれたこと、そして再会できたことを、涙を流して喜んでくれました。そんな父を見て私も心からうれしかったです。

父は母と離婚後、日本に戻り日本人の女性と再婚して子どもを2人もうけたそうです。再婚した奥さんとそのお子さんともお会いしましたが、とても優しそうな方たちで父も幸せそうでした。ご家族の方からは、今後、父と連絡を取ってもいいといってもらえたので、連絡先を交換して定期的に父と連絡を取っています。少ないヒントで父を見つけてくださった探偵の方に感謝しています。ありがとうございました。

この女性のように、会いたくても居場所がわからず、調べるすべもなく困っているという方は、たくさんおられます。 弊社の調査は、豊富な調査技術と膨大な情報ネットで、過去実績90%以上と、高発見率の実績があります。もしお探しの人がいましたら、一度中央リサーチ岡山まで、お気軽にお問合せください。

関連記事:父が突然の失踪! 唯一頼りになるのは探偵の家出調査だった

家出・所在調査を詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ6

社員の働きぶりはどうか? 探偵の内部調査で実態を把握

数多くのお店や営業所を展開している会社は、そのすべてを監督する必要があります。 社員に公正な評価を下すためには、お店の現状をしっかりと把握しなければなりません。ここでは、お店の内部調査を探偵に依頼した事例を紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。会社の会議で、店舗の実態把握の難しさが問… […続きを読む]

探偵ブログ12

安心して送り出す為の結婚調査

娘さんや息子さんが婚約者を紹介してくれたけど、腑に落ちない点が多くどうも怪しいと感じるご両親は多いです。恋は盲目と良く言いますが、結婚相手となれば本人同士はお互いを信頼して、疑うことはないでしょう。多少良くない過去があったときしても、過去は過去と割り切って結婚に踏み切れる人も多いです。しかし、両親から見れば可愛い我が子の婚約者に少しでも気… […続きを読む]

探偵ブログ12

安心して新たなスタートをする為の結婚調査

「結婚調査」という言葉を聞くと、怪しい人物をリサーチするといったイメージがあるかもしれません。「結婚相手のことはよく知っているから結婚調査は必要ない」「相手を信じているから」と自信のある方がいますが、本当にそうでしょうか?探偵事務所に結婚調査を依頼されて、その調査報告を見て驚くケースは少なくありません。結婚調査をして結婚相手の知らなかった… […続きを読む]