探偵ブログ4

突然蒸発した祖母の行方調査を探偵に依頼

今回は、行方調査で探偵を利用した方からの体験談をご紹介します。 ※実話をもとにしたフィクションです。

祖母が失踪し探偵に調査依頼

私がまだ大学生の時、突然祖母が失踪しました。祖母は前年まで、30年近くもの間、スーパーでパートを続けていましたが、祖父が病気で倒れ、要介護状態になったのをきっかけに退職し、祖父の介護をするようになりました。介護は大変そうでしたが、私と弟、そして両親もできる限りのサポートを行っていました。

そんなある日、祖母が「病院に行ってくる」と言ったまま、自宅に帰らないことがありました。病院には祖母の持病を診てもらうために行ったもので、いつもなら自転車で家を出て遅くとも3時間以内には帰宅していましたが、その日は午前中に出かけて夕方になっても帰ってきませんでした。

祖母には携帯電話を持たせていたのに、その日に限って自宅に忘れて出かけてしまったため、連絡が取れませんでした。病院に祖母が来院したかどうか確認すると、その日の午前中に来院して、お昼前には会計を済ませて病院を出たと言われました。それなら病院から自宅に戻るまでの間に何かあったのだろうと思い、家族で祖母を探しました。しかし、祖母も祖母の自転車も全く見当たりませんでした。

警察に捜索願を出し、探偵に行方調査も依頼

翌日、警察に捜索願を出し、探偵事務所にも行方調査をお願いしました。警察にも探偵の方にも心当たりはないかとか、普段から悩んでいる様子はなかったかなど、いろいろ聞かれましたが、私たち家族は何も心当たりがありませんでした。その後、少しでも心当たりがあればと思い、祖母の私物が入っている引き出しやクローゼットを探しましたが、何も見つかりません。お金を引き出した形跡がないか銀行に確認したところ、失踪してからは一度も引き出していないといいます。

失踪してから2週間後、必死の捜索もむなしく、祖母は海岸で遺体となって発見されました。警察の捜査で、事件性はなくおそらく自殺だろうと判断されました。祖母が悩んでいる様子を家族の誰一人として察知できなかったことを悔やみ、しばらくの間はぎくしゃくした雰囲気でした。

祖母の葬儀を終え、遺品整理をしている時、母が祖母の裁縫箱の中からメモ書きを見つけました。そこには介護が辛かったことと、本当はパートを続けたかったこと、介護を手伝ってくれない家族に対する不満などが書かれていました。やはり祖母は悩んでいたのだなと、家族として祖母の気持ちに気づけなかったことを深く反省しました。

あれからもう10年近くが経ちました。この場を借りて、祖母の捜索に尽力いただいた警察と探偵の方にお礼を申し上げたいと思います。

ご家族の行方調査について、ご相談承ります

大切な家族が突然失踪したら、一刻も早く見つけて話を聞きたいと思うものです。当事務所でも経験豊富な探偵による行方調査を行っていますので、お気軽にご相談くださいませ。

関連記事:余命宣告を受けた妻が「息子に会いたい」

家出・所在調査を詳しく見る

調査料金を詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ2

24時間営業の探偵には「ゆとり」のあるプライベートは存在しない?

探偵事務所の営業時間は24時間体制で出動できるように構えています。浮気をする時間は夜から朝方にかけてが多いですが、仕事のお昼休憩を利用してホテルを行く人もいるので、基本的には時間に関わらずフル活動しています。そのため、探偵の調査員はいつでも出勤できるように構えているため、プライベートでも気が抜けない特殊な仕事です。仲間と居酒屋でお酒を飲ん… […続きを読む]

探偵ブログ12

今の時代だからこそ結婚調査が必要

近年、婚活パーティーや婚活サイトで知り合った相手とスピード婚するケースが増えています。働く女性の社会的進出が目立っていて、なかなかゆっくり交際する間もなく出会ってすぐに結婚話へ進むケースが多いようです。婚活パーティーや婚活サイトで知り合った相手と意気投合して生涯を共にしたいと思っても、本当に直感だけで決めてしまっても良いのでしょうか?結婚… […続きを読む]

探偵ブログ11

町中に謎の御札が?不気味な事件を探偵の調査で解決

いたずらには、落書きなどの物理的な損害を与えるものと、中傷ビラなどの精神的なダメージを与えるものがあります。中には、理解に苦しむ手段を用いる人もいるのです。今回は、不気味な嫌がらせに探偵の調査で対抗したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。小さな町で、家の塀に謎の御札が貼られる事件が発生私の地元は、… […続きを読む]