探偵ブログ11

年上の彼氏が結婚を考えてくれない…探偵に浮気調査を依頼した結果

今回は、交際中の彼が浮気をしているのではないかと疑い、調査してもらった女性のお話です。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。

年上の歯科医と交際中の若い女性

先日、交際していた彼の浮気調査をお願いしました。彼は、私より14歳年上の39歳。彼が勤務する歯科に私が患者として診察に行ったときに意気投合し、交際に発展しました。交際してから半年ほど経った頃、確固たる証拠はありませんでしたが彼の浮気を疑い始めました。

もともと結婚願望が強い私は、早く結婚をしたいと交際当初から伝えていました。彼も、いい歳なので、そろそろ結婚を考えてもいいはずなのに、結婚の話をしようとすると無理やり話を逸らしてくるのです。なぜそこまで頑なに結婚を拒むのか、彼の真意がわかりませんでした。この話をすると友人からは「実はもう結婚してるんじゃないの?」とか「他に女がいるんじゃない?」と冷やかされたりして、もしかしたら本当にそうなのかもしれないとますます不安に駆られていました。

そんなあるとき、自宅のポストに探偵事務所のチラシが入っていました。浮気調査や結婚調査を得意とする探偵事務所で、交際相手やパートナーのことで気がかりなことがあれば気軽に相談してほしいと書かれていました。これだ!と思い、彼の浮気調査をお願いしてみたのです。

彼は既婚者、他の女の存在も浮上

浮気調査の結果、彼には別居中の奥さんがいることがわかりました。しかも小学生の子どもが2人。夫婦仲が悪くて別居しているのではなく、お子さんを有名私立小に通わせるために奥さんと子どもだけ遠方に引っ越して、彼は単身赴任するかたちで一人暮らしをしているようでした。調査報告書には、ごくごく普通の幸せそうな家族の写真がそこにありました。そうした写真の中に、結婚指輪をはめている彼の姿も。私と会うときは律義に外しているのでしょう。

これだけでもショッキングな結果だったのに、彼はさらに他の女性とも交際中であることが明らかになりました。相手は30代半ばのシングルマザーで、彼の職場に歯科衛生士として勤務したことのある女性だそうです。幼稚園に通う子どもと3人で外出する姿も確認できたようです。この子どもが彼との子どもかどうかを調べるには別途調査費用がかかるとスタッフの方に言われましたが、もうこれ以上彼の話を聞きたくないと思い、調査の必要はないと伝えました。

私は彼のあまりの不誠実さに言葉を失いました。もう顔を見るのも嫌になってしまったので、電話で別れを告げました。はじめは納得できない様子の彼でしたが、「探偵事務所に調査してもらった」の一言で察しがついたらしく、あっさりと諦めていました。

今はショックから立ち直れず、彼氏をつくる気にはなれません。でも、あの時勇気を出して探偵の方に調査を依頼してよかったと思います。ありがとうございました。

交際相手の調査は探偵へお任せください

こちらの女性のように、結婚を前提とはしていないけれど彼氏や彼女のことが気になるという方からの調査依頼も承っています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事:夫の浮気現場を偶然目撃した妻、確固たる証拠を得るために浮気調査を依頼

浮気・不倫調査を詳しく見る

調査料金を詳しく見る

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ14

「浮気では?」結婚を目前にして態度が変わった女性

交際している彼女と婚約した後、彼女の態度が変わり、浮気を疑って調査を依頼された男性より、その時の体験談をいただきました。※弊社にご依頼をいただいた案件ではありません。婚約後、彼女の態度がよそよそしくなった私は30歳の会社員です。同じ会社に勤める3歳年下の婚約者がいます。婚約したことは会社にも周囲の友人にも報告していました。周囲に婚約を報告… […続きを読む]

探偵ブログ11

浮気調査の技術面での格差

現実の浮気調査はドラマや映画とは大違い浮気調査とは対象者に「気づかれないように」、その行動を把握して同時に証拠を捉えていくお仕事です。探偵のドラマや、映画などを見ていると、あたかも探偵のお仕事は簡単そうに思われるかもしれませんが、それはフィクションだからなのです。本物の探偵調査で万が一、簡単に考えて興味本位で探偵ごっこをすると直ぐに失尾し… […続きを読む]

探偵ブログ1

夫に現地妻がいる?遠方での浮気調査の実例

家から離れた場所で仕事をする機会が多い人は、いわゆる「現地妻」を作っていることがあります。場所が遠いだけに、パートナーが自力で浮気の証拠を入手するのは簡単ではありません。ここでは、探偵の調査によって単身赴任中の夫の浮気を特定したケースを紹介しましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫が大阪… […続きを読む]