探偵ブログ10

【浮気調査】許せない!夫の二重生活

出張の多い夫は、妻と娘が待つ家と出張先の家で待つ女性との二重生活を謳歌していました。夫の会社の経費からわかった浮気調査のお話です。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼をいただいた案件ではございません。

出張の多い夫

中学生の娘がいる夫婦です。 夫は5歳年上で、小さいながらも建築事務所を経営しています。 仕事柄、地方都市への出張もあり、ここ何年かは、月の半分以上は出張していました。 結婚15年も経つと出張で留守にしてくれていた方が、何かと煩わしさもなく、主婦として楽をさせてもらっていました。

夫の会社の経理を手伝う妻

ある日、会社の経理を担当していた女性が親の介護がらみで急に退職することになりました。夫は、当初私が関与することは会社の連中が気を使うと反対していましたが、次期経理が見つかるまで夫の会社で経理を手伝うことになりました。 従業員も10人ほどの小さなアットホームな会社でもあり、特に難しい事はありません。 仕事は、伝票の整理、入力と、入出金の管理、及び労務関係の給与計算くらいで後は税理士さんに任せていました。

経費から見えてきた夫の行動

最初の2〜3ヵ月くらいは、迷惑をかけなまいと必死で仕事をこなしていたのですが、慣れてくると会社の流れや、売上、利益など細部に至るチェックができるまで余裕がでてきました。 ある日、伝票や請求書の整理をしていると、夫の出張経費に不審な点があることがわかりました。 3年前から、会社名義で地方にマンションを借りていたのです。 確かにビジネスホテルに泊まるよりも頻繁に出張に行くので、借りた方がよいかもしれません。ところが、マンションの契約書等を調べてみると、2LDKも間取りがあり、インターネットのマップで画像を見てみると若いファミリー層が住むようなとてもお洒落なマンションでした。泊るだけならば、ワンルームマンションでも充分なはずです。 夫に問いただすと、色々な仕事の機材や材料が置いてあって現場の物置みたいになっていると、さらっと言いました。 私は、出張が増え始めた5年前から遡り、段ボールの中の領収書を全て確認してみました。 夫の提出した領収書から飲食店をネットで調べてみると、接待や打ち合わせに使用するというよりも、女子受けするような洒落たお店ばかりです。言いしれない不信感が頭をよぎりました。

探偵事務所に出張中の夫の調査を依頼

私が出張先に行く事もできないので、思い切って探偵事務所に夫の調査を依頼することにしました。 結果は、思った通りでした。 夫は、地方と関東で二重生活をしていたのです。 会社名義で借りている地方のマンションから、まるで夫婦のように髪の長い女性と連れだって入っていく姿や、レストランで食事をする姿、マンションから通勤する夫の姿など、目を疑う画像の数々を見せられました。 5年近くも私と娘をだまし、出張をいい理由に地方で浮気というよりも、夫婦同然の生活をしていたのです。

離婚手続き

夫とは、離婚手続きに入っています。 娘の養育費や慰謝料等の話し合い中です。それなりの事はしてもらうつもりです。 探偵さんには、大変お世話になりきちんとした仕事をしていただき感謝しています。

仕事が楽しくなってきた私は、夫の会社で経理の仕事をしています。従業員の方達もみんな私の味方をしてくれていて、できれば辞めて欲しくないと言ってくれています。 ここはきちんと割り切って、良い仕事が見つかるまでスキルを磨くべき、この会社で勉強したいと思っています。夫はやりづらいでしょうが、せめてもの私の復讐です。 経理として、経費削減の観点から、地方のマンションは解約させてもらいました。

会社の仕事をして見えてきた夫の不審な行動、二重生活をしていたご主人に天罰が下りました。 奥様のチェックは税務署よりも厳しかったということですね。離婚の手続きも奥様有利に進められているようで安心しています。 パートナーの行動を不審に思ったら、一人で悩まずに中央リサーチ岡山へご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

浮気調査で暗くても鮮明な証拠写真が撮れる探偵は?

自分では浮気調査をするのが難しいと言われている理由の一つに探偵が持っているカメラの性能が挙げられます。パートナーの浮気が発覚したら、離婚を視野に入れて慰謝料を請求したり、話し合って夫婦関係を修復するという選択肢を決断することとなります。どんな道を選ぶにしても、浮気の被害者が必要となるものは不貞行為が分かる鮮明な証拠写真です。証拠がなければ… […続きを読む]

探偵ブログ10

夫から切り出された離婚。その裏には女性の影が…

ある日突然、妻や夫から離婚を切り出されたら、衝撃で冷静な判断ができなくなります。しかし、その原因を探ると意外な事実が発覚する場合があります。今回は、夫に離婚を切り出された妻が反撃に出たケースをご紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫がいきなり「離婚したい」と言いだした相談者:30代女… […続きを読む]

暗い夜はビデオ動画よりカメラの方が顔がはっきり写せるの?

探偵調査員は、浮気の確かな証拠を抑えるために様々な機材を使い写真や動画を撮影します。浮気相手と密会するのは、暗い夜になるケースが多いですが証拠を撮影するのは動画よりも画像の方が鮮明に写るのでしょうか?結論から言えば、元々カメラ画像の方が、より暗い所でも写せる能力はありますが、探偵調査員の持っているカメラの質と腕の良さにより違いはあります。… […続きを読む]