探偵ブログ5

【素行調査】女医が堕ちた恋

自分だけがお付き合いをしていると思いこんでいた女医から、お相手の素行調査を依頼されたお話しをご紹介します。 ※体験談を元に、フィクションを交えて構成しています。弊社にご依頼いただいた案件ではございません。

仕事に趣味にと人生を謳歌する女医

私は内科を開業して、かれこれ10年が経った女医です。 開業時は、経営難で大変でしたが、近くに大型のマンションが次々と建設され、人口が増え、あっという間にクリニックは繁盛し、お陰様で毎日忙しい日々を送っています。 仕事に追われながらも結婚の夢は捨てきれず何度かお見合いをしたものの、年収が2000万を超す私に中々お付き合いを申し出てくれる男性は現れず、断り続けられ、子供を産むタイミングも逃し、40代後半を迎えていました。

そんな私の趣味は日本舞踊です。名取にもなれ、仕事の忙しい合間に練習の日々を過ごしていました。お金のかかる遊びを全くしない私の唯一の道楽で、かなりのお金をつぎ込んできました。

三味線のお師匠さん

そんなある日、知人に紹介されたのが、踊りの演目を演奏してくれる三味線の演奏家でした。 私よりも一回りは若い、丹精な品のある顔立ちに、私は一瞬で恋に堕ちてしまいました。 日本の伝統芸のたしなみと日本舞踊に少しでも生かすことが出来ればと、早速弟子入りをし、三味線を習うことにしました。 古い日本家屋の風情があるお師匠さんのご自宅で、プライベートレッスンを重ねていく内に、気持ちもどんどん高まり、毎日が楽しくてバラ色のようでした。

お師匠さんにつぎ込んでいたお金

気前のよい所を見せたかった私は、付け届けも破格の金額を包み、毎月のお月謝も色をつけ、レッスン日以外でも熱心に通うようになりました。 お師匠さんもそんな私の気持ちを知ってか知らずか、他の生徒さんより目をかけてくれ、時々お食事をしたりする仲にもなりました。 一体お師匠さんは私の事をどのように思ってくれているのだろうか、張り裂けそうになる気持ちが時々抑えきれなくなる時もありましたが、私の小さなプライドが邪魔をし、自分からどうしても思いを打ち明けることができませんでした。

部屋は別々だったものの、京都へ着物を見立てに行ったり、歌舞伎を観に行ったりと、お付き合いをしているかのようにお師匠さんと週に1~2回は会う程の仲になりました。 一度行きつけのクラブにお誘いした時に、酔ってしまった私を家のベッドまで送ってくれ介抱してくれた事もありましたが、身体が触れても決してお師匠さんは一線を踏み外すことはありませんでした。

友人に言われた残酷な言葉

そんな関係が3年ほど続いたある日、久しぶりに女友達と食事をしながら話をしていた時の事です。 「あなた、その三味線の先生に何百万もする着物を買ってあげたり、高級レストランの食事も旅行費用も全て支払ってあげているの?信じられない。」 「それに、そんなにしてあげているのに体も触ってもらえないなんて、おかしくない?目を覚ましなさい。完全にお金だけが目当てなんじゃないかしら。」 芸事の世界でタニマチ的な存在であっても良いと思っていたし、何よりも妖艶な美しいお師匠さんの三味線の音色が大好きでしたから、お金を差し出すといった行為に何の苦も感じたことはありませんでした。 愛していたし、この関係を失ってしまうのは何よりも怖いと思っていたのです。

探偵に調査を依頼。驚くべき調査報告

考えてみたら、お師匠さんの方から一言もお金を出してほしい、貸してほしいと言われた事はありません。全て私が支払いを済ませているに過ぎない事でした。

自分からすがりつくことも泣きつくこともできない性格の私は、第三者の手に委ねてみることにしました。 探偵事務所に依頼してお師匠さんの素行調査してもらったのです。 驚くべき調査結果の報告がありました。 お師匠さんは既に結婚していて、小学生になる子供が一人いました。生徒さん達にも、生活感がでないよう女形のようにふるまう事で誤魔化してきたのです。

伝統芸能を維持していくという事はお金がかかり、内情は火の車であったという事です。羽振りがいい生徒を抱えることで、ある意味経営が成り立っていたようです。 自分の年齢、医者という立場や地位、どうでもいいプライドが邪魔をしたばっかりに、妻子がいる一回りも下の男との関係に、満足していた馬鹿な私がそこにはいました。

品の無い横顔

その後、三味線の教室は退会しました。 お師匠さんの、品の無い舌打ちをしたのが聞こえました。今まで聞いた事もない下品な横顔に見えました。 決して騙されていたわけではありません。全て私が勝手にやったこと。 またこれから、仕事を頑張ります。そしてまた、恋をしたい。 そんな前向きな気持ちにさせてくれた友人と、探偵の方に感謝の気持ちで一杯です。

地位もお金もあり、はたから見たら羨ましい限りの女性でも手に入れることができない物があるのですね。中央リサーチ岡山では、本当に些細な事でも親身になってご相談に応じます。ご不安なことがあればいつでもご相談ください。信頼できるスタッフがいつでもお待ちしています。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ9

【素行・身元調査】住み込みで仲居の仕事を始めた謎の女性

今回は、県内の温泉街で旅館を切り盛りする女性からのお話です。探偵に身元調査の依頼を検討している理由を詳しく話してくださいました。※実話をもとにしたフィクションです。私は祖母の代から続く温泉旅館の女将をしております。歴史ある旅館で県内外からたくさんのお客様をお迎えし、忙しい毎日を過ごしています。これは宿泊業界全体に言えることかもしれませんが… […続きを読む]

探偵ブログ9

実家に残った母は大丈夫?探偵の調査で様子を確認

実家を出た人にとって、残してきた家族はとても気がかりなものです。今回は、母親の見守り調査の事例を見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。突然の異動命令!引っ越しを決意するも母は同意せず私は大学時代を除いて、ずっと地元で暮らしてきました。現在は母と妻、息子との4人家族です。仕事も順… […続きを読む]

探偵ブログ11

誰かがゴミを漁っている! 不気味な犯人を調査で特定

マンションでは、住民同士のトラブルがよく発生します。その定番の1つが、ゴミ置き場でのトラブルです。今回は、ゴミ漁りの犯人を探偵の調査で見つけ出したケースを紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。マンション内でゴミ漁りが発生。犯人は住民か?私の住むマンションでは、最近ある問題が発生し… […続きを読む]