探偵ブログ1

外出中に家が荒らされる!犯人を探偵の調査で特定

1人暮らしの人にとって、外出中の家の様子は気がかりなものです。今回は、家主の外出中を狙って嫌がらせが行われたケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

依頼者は1人暮らし。夜勤から帰ると家の前に生ゴミが

私は独身で両親も他界しており、一軒家で1人暮らしをしています。 仕事は3交代制で、シフトには早番・中番・遅番の3つがあり、数ヶ月単位で回り持ちをしています。中番は15時~深夜0時、遅番は0時~翌朝9時までの勤務なので、一般的なサラリーマンとはかなりずれた生活を送ることになるわけです。

ある日、夜勤を終えて帰ってきてみると、家の前に妙なものが落ちているのに気づきました。なんと、生ゴミが家の前にばらまかれていたのです。私はひどいいたずらだと思い、夜勤の疲れを我慢しながら掃除をしました。そのあとはすぐに眠ってしまったので、目が覚めた時にはいたずらのことなど忘れていたのですが、これはほんの始まりにすぎなかったのです。

嫌がらせは繰り返され、警察もあてにできない

最初のいたずらから数日後、今度は家の門柱に汚水がかけられていました。その後も数日おきに嫌がらせは続き、シフトが早番になった段階でようやく収まったのです。私が確実に家にいない時間帯を狙って、嫌がらせを行っていることは明らかでした。

防犯カメラを設置しようにも、見張らなければならない場所が多すぎて、現実的ではありません。現段階ではそれほど大きな被害ではないため、警察もパトロールを増やすくらいしか対応できないとのこと。事実上、警察はあてにならないとわかり、私は頭を抱えました。

探偵の調査で犯人を特定!理由は小さなトラブルだった

悩んだ結果、私は「防犯カメラや清掃用具にお金を使うくらいなら、費用をかけてでも原因を絶とう」と、探偵に調査を依頼することにしました。再びシフトが中番か遅番になった時、探偵に家を見張ってもらい、犯人を特定する計画です。3ヶ月後、中番が回ってきたので、打ち合わせ通り調査を開始。その結果、見事犯人の姿を撮影することに成功しました。

犯人は近所に住む高齢の女性でした。町内会長さんと共に女性を追求したところ、生前の母とトラブルがあったらしく、今更になって思い出し犯行に及んだとのこと。息子さんが土下座して謝ってきたので、ひとまず許すことにしました。それから嫌がらせはなくなり、調査費を払ってでも解決して良かったと思います。

家を守るためには、探偵の力を借りよう

家に対する嫌がらせは、留守中や深夜を狙って行われることが多く、対応は簡単ではありません。探偵の力を借りて、早期に犯人を特定しましょう。 嫌がらせを終わらせるためには、証拠を抑えることが最優先です。証拠撮りが必要な方は、中央リサーチ岡山までお気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ6

高度な技術を持つ探偵なら白バイと同様、バイク免許大型まで取得している?

探偵の調査員は普通免許は取得していますが、バイクの免許は必ずしも取得している訳ではありません。ただし、普通自動二輪の免許を取得していれば調査でできる範囲が広くなるので免許を保有している探偵もいます。探偵の調査員が普通自動二輪の免許を取得する理由調査員にバイクの免許があったほうが良いケースは、対象者となるターゲットがバイクで移動をする時です… […続きを読む]

探偵ブログ8

ライバル企業の引き抜き工作が表面化。内偵調査で対抗できるか?

古今東西を問わず、優秀な人材は引く手あまたです。会社のエースをライバル企業に引き抜かれてしまうケースも珍しくありません。今回は、引き抜き工作の内偵調査を探偵に依頼したケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。ライバル企業から引き抜き工作をしかけてきた!私はゲームソフトの開発会社… […続きを読む]

探偵ブログ3

父親の死を伝えたい!行方不明の娘を探し出せるか?

誰かが亡くなった時は、親族や関係者にできるだけ早く連絡しなければなりません。もし音信不通になっている人がいれば、何とかして探し出す必要があります。ここでは、亡くなった人の家族を探し出したケースをご紹介いたします。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。お隣のご主人が死去。しかし娘さんは行方不明先ご… […続きを読む]