探偵ブログ4

昔のことを謝りたい!探偵の調査で友人を捜索

どんなに仲のいい友人でも、ケンカをしてしまうことはあります。 お互い謝れないまま疎遠になってしまい、一生後悔する場合もあるでしょう。ここでは、過去のことを謝罪するため、昔の友人の捜索を探偵に依頼したケースを紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

中学時代にケンカ別れした親友、今はどこに?

私は半世紀ちょっとの人生の中で、とても後悔していることが1つだけあります。 それは、中学時代に親友だったSさんと大ゲンカをしてしまい、それきり疎遠になってしまったことです。今となっては、ケンカになった理由さえもよく覚えていません。謝ろうとは思っていたのですが、別々の高校に進学した結果、会う機会もなくなってしまいました。

Sさんに再会したいと思ったきっかけは、中学の同窓会の幹事になったことです。仲のよかったメンバーのほとんどは消息がつかめていたのですが、唯一Sさんだけはわかりませんでした。それ以来私の中では、ケンカ別れしたことを謝りたい気持ちが大きくなっていたのです。

自力での情報収集は限界。探偵の所在調査を利用することに

同窓会のメンバー集めの際にわかったのですが、Sさんは高校進学と同時に親の都合で隣県へ引っ越しており、最初から隣県の高校を受験していたようでした。彼女の消息を知る人がほとんどいなかったのもそのためでしょう。同じ高校に進学した知り合いもおらず、私は自力での情報収集に限界を感じていたのです。

そこで、人探しの方法をインターネットで調べてみたところ、探偵の所在調査が最も可能性が高いとわかりました。 地元の探偵事務所に相談してみると、隣県での調査もよく引き受けているため、県をまたいだ人探しも可能とのこと。私は思い切って、Sさんの所在調査を依頼しました。

調査1ヵ月で居場所が判明!無事に和解

わかっているSさんの情報は、中学時代までの住所や通っていた学校くらいです。もう40年近く前のことなのに、この程度の情報で探し出せるのだろうかと、私は少し疑問に思っていました。実際、最初の2週間程度は、探偵からも目ぼしい報告が上がってこなかったのです。

ところが、調査1ヵ月にして状況が動きました。Sさんの住居らしき家が見つかったというのです。どうやらSさんは、実家を出て旦那さんと2人暮らしをしているようでした。

ここまで来れば、あとは自分で確認するしかありません。失礼ながらも家を訪問し、自分の名前を明かしたところ、Sさんはすぐに気づいてくれました。私たちはようやく、あの時のことをお互いに謝罪し、和解できたのです。難しい依頼を引き受けてくれた探偵には、本当に感謝しております。

昔の友人探しは探偵に所在調査を依頼してください

事件性のない人探しは警察の手が借りられず、時間が経過すればするほど発見率も下がっていきます。ふとしたきっかけで昔の知り合いに会いたくなったら、すぐにご相談ください。 中央リサーチ岡山では、所在が分からなくなった家族や失踪者、幼いころの旧友・恋人・恩師など懐かしい人の現状についてなど、「人探し」全般について調査させていただきます。 お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ10

夫がケンカの末に失踪!家出人捜索を探偵に依頼

ケンカの末に家を飛び出して帰ってこないという話は、漫画や小説ではよく見かけますが、現実でも発生しています。勢いで家出をしてしまった手前、なかなか帰りづらい場合もあるかもしれません。ここでは家を飛び出した夫を探偵の調査で探し出したケースを紹介しましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。店の経… […続きを読む]

探偵ブログ3

【家出・所在調査】30年近く前に失踪した姉を探してほしい

今回は、子どもの頃に生き別れたというお姉さまの所在の調査を依頼した女性からお話を伺いました。お姉さまは家出同然で自宅を出た後、全く連絡がつかなくなり、探せなくなってしまったといいます。※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。両親と仲違いした姉私は38歳の主婦です。数か月前に両親を交通事故で亡くしました。その後、葬儀や裁判、保険金の支… […続きを読む]

探偵ブログ12

娘の恋人は信頼できるのか。結婚前調査の重要性

「本当にこの人と結婚していいのか」という疑問は、結婚する当人たちはもちろん、その親御さんも抱いています。将来のことを考えるなら、結婚相手の素行を洗っておくに越したことはありません。ここでは、結婚前調査の一例をご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。娘が結婚することに。相手は好青年だが… […続きを読む]