探偵ブログ10

妻に元彼の影?新婚夫婦に浮かんだ浮気調査

職場の元同僚の女性と間もなく恋愛結婚するというある男性から、お相手の浮気疑惑を調査した体験談をいただきました。 ※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話を基にしたフィクションです。

結婚するまでは清い関係のままでいたいという彼女

私は35歳の中学校教師で、この6月に元同僚の女性と結婚式を挙げる予定です。 相手は地方都市の議員の一人娘で、現在小学校5年生を担任する女性教員です。名家の一人娘として両親の愛情を一身に浴びた、清楚で古風ながらも美しい典型的な日本女性です。もともと引っ込み思案な所もあって、同じ職場に勤めた頃一時的におつきあいもしましたが、身持ちの堅い女性で手をつなぐのがやっとという具合でした。

中々体を許そうとしないことにしびれをきらした私は、転勤と同時にその女性とはしだいに疎遠になっていました。 ところが昨年冬、彼女から何年かぶりの電話をもらい、とんとん拍子に話はまとまって、この春めでたくゴールインする運びとなりました。 彼女はこの冬で30歳。体の関係はまだありません。結婚するまでは清い関係のままでいたいという彼女の希望を、何も疑うことなく私も受け入れていました。

婚約中に携帯電話のつながらない彼女

しかし、結納を終えてから週末の夕方や休日にもかかわらず、彼女の携帯電話につながらないことが多いことに気づきました。どうも、彼女は両親に、毎回結婚式の打ち合わせとか新婚生活の為の買い物に出かけるからと、その都度伝言して出かけているようでした。何度か電話がつながらないことに不安を感じた私は、ある時思いきって彼女にその疑問をぶつけてみました。

彼女は特段慌てるそぶりも見せず、私の手を両手で包み込みながら普段通りの笑顔で私に答えてくれます。 「忙しいあなたに迷惑かけたくないから、ひとりで新婚生活のお買い物しているの。いつも携帯電話忘れちゃってごめんなさい」 屈託なくやさしい笑みを浮かべながら、彼女は私の瞳を探るように見つめます。

私を見つめる瞳の深さに、思わず言葉を濁された感は否めませんでしたが、数ヶ月後には妻となる女性です。信ずる以外に仕方がありませんでした。

私としては一抹の不安と疑念は残りましたが、その場は丸く収めました。しかし、度重なる不在着信や電源OFFをきっかけに、彼女の浮気を疑うようになりました。

彼女の週末の外出に合わせ、探偵事務所に浮気調査を依頼

探偵事務所に相談したところ、土日・祝日の調査も行ってくれるとの返答をいただきましたので、彼女の週末の行動に合わせて調査を依頼しました。2週連続で浮気調査を行った結果、彼女が別の男性と交際している事実をはっきりと突き止めました。

彼女は金曜日の晩になると、仕事を終えたその足で隣町の駐車場に向かいます。駐車場ではすでにある男性が車を停めて彼女を待っていました。彼女は助手席に置いてあった帽子を目深にかぶると、いそいそと男の車に乗りこみます。その後男性の運転する車は、彼女を助手席に乗せたまま国道沿いの真新しいラブホテルに入っていきました。

携帯電話がつながらなかったのも、彼女が私の知らない男性と逢瀬を重ねていたからだったのです。二人が抱き合って口づけする様子と車がホテルに入り込む様子を、調査員の方が撮影してくれていました。 2週間という限られた短い調査で、彼女と私の見知らぬ男性が交際していることや、二人がすでに肉体関係にあることもわかりました。

謝罪を受け入れ、いったんは関係を修復

まもなく、調査員が作成してくれた報告書が手元に届けられました。結婚式の打ち合わせのために落ち合った喫茶店で、報告書を彼女に見せて問い詰めました。 すると、彼女は私以外にも交際している男性がいることを素直に認め、涙を流して謝罪を申し入れて来ました。さらに、私と交際するずっと以前から二人の関係は続いており、その頃から肉体関係があったことも判明しました。しかも男性には妻子がいることも。

彼女は婚約者の私がいるにもかかわらず、妻と子どものいる男性と浮気関係を続けていたのです。しかし、彼女にとってその男がはじめて体を許した男性でした。許されない関係がよけいに彼女を燃え上がらせていたようです。 それでも彼女は、先のないドロドロの状態にピリオドを打ちたかったのでしょう。男性との関係を精算するためにも、私との結婚を選択したようです。

事実を知った私は怒り心頭になり、婚約者に裏切られた思いから、結婚話はすぐ白紙に戻そうとも考えました。しかし、彼女も私も教師であるという立場もあり、結局世間体も考えて婚約解消には踏み切れませんでした。何より泣いて詫びる彼女に私が同情したのかもしれません。つきあっていた男性とも改めて3人で話し合いの場を設け、彼女の幸せのために潔く身を引かせることを約束させました。 一抹の不安は拭いきれませんが、二度と同じ過ちを繰り返さないと固く約束したので、今回だけは婚約解消を見送ることにしました。

今はただ婚約者を信じるしかありません。しかし、また今回のような裏切り行為が判明したら、その時は直ちに結婚を解消したいと思います。

婚約者や交際相手の行動に不安に感じることがありましたら、探偵に調査を依頼して、不安を取り除いておきましょう。 中央リサーチ岡山では浮気調査や結婚前調査など多様な調査を承っております。どんな調査でも細かい懸念まで丁寧に調査いたします。また、調査は内密に行い、お相手や周りの方へ知られることはありません。 お困りごとや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 浮気・不倫

関連記事

探偵ブログ10

夫は本当に反省したのか?浮気調査で真意を探る

浮気の現場を見られれば、大抵の人はパートナーに全力で謝罪するでしょう。しかし、それで浮気が終わるとは限りません。今回は、密かに浮気を継続していた夫を探偵の浮気調査で追い詰めたケースを見ていきましょう。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。夫に浮気をされるも、謝罪を受けて関係修復を選択私は以前、浮気… […続きを読む]

探偵ブログ11

夫の浮気を疑うこと1年。我慢の末、探偵事務所に調査を依頼

今回は、夫の浮気を1年も疑い続けていたという女性からのお話です。※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。自宅での夫の様子がおかしい私は38歳の主婦です。7歳年上の夫は会社経営をしています。私たちの出会いは今から15年ほど前、キャバクラで働いている時に夫がお客様として来店したのがきっかけでした。私はま… […続きを読む]

探偵ブログ13

子どもが授からず再就職した妻 偽りの残業の裏にあった浮気

専業主婦だった妻が仕事に就き、浮気をしてしまう、といった話はよく聞きますが、このケースは、子供が欲しかったのに授からなかったという抑えきれない母性が原因の浮気でした。(弊社へのご依頼案件ではございません。体験談を元にフィクションを交えて構成しています。)妻の就職「私、働きたいのだけれど。」と、妻に相談された時、正直戸惑いました。私は、30… […続きを読む]