探偵ブログ3

父の運転は大丈夫?探偵の調査で様子を確認

日本では高齢化の進行に伴い、高齢者の自動車事故が社会問題になっています。今回は、父親に運転免許を返納させるために、見守り調査を依頼したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。

運転免許の返納をめぐり、父と息子がケンカ!

私はしばらく前から、実家の父とケンカになっています。父はもう80歳になろうというのに、車の運転をやめないのです。私や妹は「危ないから免許を返納したら?」と勧めているのですが、父は「まだまだそんな歳じゃない」と耳を貸してくれません。無理やり車を取り上げるわけにもいかず、不安は募るばかりです。

父は「車がないと買い物にも行けなくなるだろう」と主張しているのですが、そんなはずがありません。実家のある自治体は高齢者の免許返納を推進しており、公共交通機関も安く使うことができます。そもそも、父の行動範囲はそんなに広くないので、過疎地域のように「車がなければ生活できない」などということはないと思います。

父が車で事故を起こした?心配になり探偵に調査を依頼

問題が発生したのは、父とケンカしてから3ヵ月ほど経った時でした。実家に様子を見に行き、ふと車に目をやると、ボディに大きなへこみ傷がついていたのです。私はすぐに「どこかでぶつけてきたんじゃないのか」と父に言いましたが、父は「駐車している間に誰かがぶつけていったんだ」と言い張り、自分のミスを認めません。

確かにこの件は、父のミスによるものだという証拠もなかったので、それ以上追求はできませんでした。とはいえ、これをきっかけに私は「父に車を運転させるべきではない」と確信したのです。どうすれば父に自分の状態を気づいてもらえるだろうか?悩んだ末に、私は探偵に父の見守り調査を依頼することにしました。

父に運転は難しい。説得の末、免許は返納することに

探偵の調査の目的は、運転中の父を尾行してもらい、運転に問題がないか確認することです。ビデオ撮影も行い、何か問題があれば証拠として父に提出します。父は夕方ごろ外出することが多いようなので、その時間帯に実家を見張ってもらい、外出したら探偵も車で尾行するという作戦です。

調査後、探偵から提出された動画を見て、私は冷や汗を流しました。父の運転は非常に危なっかしく、車線を平気ではみ出し、クラクションを鳴らされることもしばしば。カーブや曲がり角は極めてゆっくりでなければ曲がれず、あろうことか赤信号を無視したこともありました。まともな運転能力が低下していることは明らかです。

証拠の動画を父に見せ、妹とともに説得したところ、父はようやく免許の返納に同意してくれました。 また、車の傷についても、近所で自損事故を起こしたと認めたのです。おそらく父は、自分の体が衰えていることを認めたくなかったのでしょう。大きな事故になる前に運転をやめてもらうことができ、ホッとしました。

親の様子の確認は探偵にお任せ!

免許の返納は、いろいろな事情があって難しいことも多いのですが、命に替えられるものはありません。親の運転能力が心配な時は、探偵の見守り調査を依頼しましょう。 中央リサーチ岡山ではお客様のお悩みを解決すべく、多種多様な調査を承っております。 なにかお困りのことがございましたら、ご相談だけでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ3

大好きだった日本人の父を探してほしい

中央リサーチ岡山では、お世話になった恩人や生き別れた親族などを探す「行方調査」のご依頼もいただいております。今回はその中から、少ないヒントで居場所を見つけてもらえたという女性のお話をご紹介します。※実話をもとにしたフィクションです。日本人の父親を探すため日本に留学私はアメリカ生まれの36歳女性で、母親はアメリカ人で父親は日本人のハーフです… […続きを読む]

探偵ブログ3

父親の死を伝えたい!行方不明の娘を探し出せるか?

誰かが亡くなった時は、親族や関係者にできるだけ早く連絡しなければなりません。もし音信不通になっている人がいれば、何とかして探し出す必要があります。ここでは、亡くなった人の家族を探し出したケースをご紹介いたします。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。お隣のご主人が死去。しかし娘さんは行方不明先ご… […続きを読む]

探偵ブログ3

借金の主債務者が夜逃げ!居場所を突き止めてお金を取り戻せ

連帯保証人は、主債務者が借金を返済しない場合、どのような理由であろうと代わりに借金を返さなければなりません。もし主債務者が逃亡すれば、大変なことになってしまいます。ここでは、主債務者の居場所を探偵の調査で特定したケースを見ていきましょう。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。親族から頼まれ連帯保… […続きを読む]