探偵ブログ12

今度こそ大丈夫なのか?娘の再婚相手の結婚調査

親にとって、子供の結婚相手がどんな人なのかは、とても気になるところです。子供が一度離婚を経験しているならなおさらでしょう。今回は、娘の再婚相手の結婚調査をしたケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 男運のない娘に再婚の兆し?両親はげんなり こういう言い方もどうかと思いますが、私の娘はとにかく男運のない子でした。私の知る限り、学生時代には3人の男性と付き合いましたが、いずれも向こうの落ち度が原因で破局。27歳の時に結婚し子供を授かったものの、夫が浮気をしたためにやむなく離婚したのです。現在は実家に戻ってきて、孫も含めて4人で生活しています。 私たち夫婦はまだ若く元気ですし、孫も順調に成長しているので、娘はこのままシングルマザーを貫いても問題ないだろうと思っていました。ところがある日、娘が「付き合っている人がいるので会ってほしい」と言い出したのです。私も妻も「またか……」という気持ちを隠すことができませんでした。 娘は乗り気だが不安は消えず、探偵に結婚前調査を依頼 拒否するわけにもいかないので、私は一応相手の男性と会うことにしました。彼はごくごく普通のサラリーマンで、前夫や昔の交際相手と比較しても、際立った部分はありません。娘が子持ちであることはもちろん知っており、父親になる覚悟はできていると言いました。しかし、これまでのことがあるだけに、すぐには信用できませんでした。 どうも娘は、「父親がいない状況は子供にとってよくない」と考えているらしく、早めの再婚を希望しています。私はしばらく様子を見るように説得したのですが、娘は意見を曲げず、結局怒らせてしまいました。まあ、夫婦そろって「あんたの連れてくる男は信用できないのよ」「そうだそうだ」と言ってしまった我々にも問題があるのですが……。 ともあれ、このまま娘の自由にさせるのは不安です。そこで私は、妻と相談した結果、探偵に結婚調査を依頼することにしました。 交際相手には何の問題もなし。再婚を応援することに 探偵さんが言われるには、娘がまた男性選びに失敗する可能性は十分にあるとのこと。しかも今回は孫がいるので、より慎重に相手を選ばざるをえず、結婚調査に踏み切った判断は正しいと言ってくれました。調査期間はたっぷり1ヵ月。娘のためにも、交際相手のあらゆる情報を調べてもらうことにしました。 1ヵ月後、探偵がもたらした調査結果は「さしたる問題なし」。浮気や悪所通いはもちろん、過去の経歴や人間関係、経済状況から人間性に至るまで、気になる要素はまったく見つからなかったそうです。ここに来てようやく、私も妻も娘を応援する気になれました。今度こそ幸せな家庭を築けるように祈っています。 結婚相手の信頼性を確かめれば、心から応援できる 結婚相手のことがよくわからないうちは、応援したくても躊躇してしまうもので、親心としてはごく自然の感情と思います。探偵の調査で相手の信頼性を確かめ、心から応援できる環境を整えましょう。 結婚は人生の重大な人生の分岐点のひとつです。結婚相手にご不安を感じることがありましたら、中央リサーチ岡山までお気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ6

収入に見合わない生活をしている婚約者を調査してほしい

今回は婚活で出会った男性の調査をお願いした女性からのお話です。収入に見合わない生活をする彼の正体が知りたくて調査を依頼したそうです。※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。婚活パーティーで知り合った男性が謎すぎる私は26歳の女性で、幼稚園教諭をしています。仕事柄、異性との出会いはほとんどなく、昨年から婚活パーティーや街コンなどに積極… […続きを読む]

探偵ブログ12

交際相手との最後の決断には家族の同意が大切

結婚相手は最終的には家族に認めてもらい、両親の同意を得るプロセスが必要となります。駆け落ち同然よりも、両親に認めてもらい、安心して送り出してもらえたら嬉しいですよね。結婚相手を両親に認めてもらうには、第三者に結婚調査をしてもらうことも一つの方法です。今回は、結婚を意識した相手を結婚調査するメリットについて見ていきましょう。結婚調査のメリッ… […続きを読む]

探偵ブログ13

「もう離婚した」と話す彼が、本当に離婚しているのか調査してほしい

今回は看護師をしている若い女性から患者さんとおつき合いをしたときの話を伺いました。「離婚した」と聞いてはいたものの、怪しいと疑問を投げかける友達から探偵による調査をすすめられたと言います。※弊社でご依頼をいただいた案件ではありません。実話をもとにしたフィクションです。勤務先で出会った患者と交際を始めた看護師私はある病院の看護師をしている2… […続きを読む]