探偵ブログ12

今度こそ大丈夫なのか?娘の再婚相手の結婚調査

親にとって、子供の結婚相手がどんな人なのかは、とても気になるところです。子供が一度離婚を経験しているならなおさらでしょう。今回は、娘の再婚相手の結婚調査をしたケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 男運のない娘に再婚の兆し?両親はげんなり こういう言い方もどうかと思いますが、私の娘はとにかく男運のない子でした。私の知る限り、学生時代には3人の男性と付き合いましたが、いずれも向こうの落ち度が原因で破局。27歳の時に結婚し子供を授かったものの、夫が浮気をしたためにやむなく離婚したのです。現在は実家に戻ってきて、孫も含めて4人で生活しています。 私たち夫婦はまだ若く元気ですし、孫も順調に成長しているので、娘はこのままシングルマザーを貫いても問題ないだろうと思っていました。ところがある日、娘が「付き合っている人がいるので会ってほしい」と言い出したのです。私も妻も「またか……」という気持ちを隠すことができませんでした。 娘は乗り気だが不安は消えず、探偵に結婚前調査を依頼 拒否するわけにもいかないので、私は一応相手の男性と会うことにしました。彼はごくごく普通のサラリーマンで、前夫や昔の交際相手と比較しても、際立った部分はありません。娘が子持ちであることはもちろん知っており、父親になる覚悟はできていると言いました。しかし、これまでのことがあるだけに、すぐには信用できませんでした。 どうも娘は、「父親がいない状況は子供にとってよくない」と考えているらしく、早めの再婚を希望しています。私はしばらく様子を見るように説得したのですが、娘は意見を曲げず、結局怒らせてしまいました。まあ、夫婦そろって「あんたの連れてくる男は信用できないのよ」「そうだそうだ」と言ってしまった我々にも問題があるのですが……。 ともあれ、このまま娘の自由にさせるのは不安です。そこで私は、妻と相談した結果、探偵に結婚調査を依頼することにしました。 交際相手には何の問題もなし。再婚を応援することに 探偵さんが言われるには、娘がまた男性選びに失敗する可能性は十分にあるとのこと。しかも今回は孫がいるので、より慎重に相手を選ばざるをえず、結婚調査に踏み切った判断は正しいと言ってくれました。調査期間はたっぷり1ヵ月。娘のためにも、交際相手のあらゆる情報を調べてもらうことにしました。 1ヵ月後、探偵がもたらした調査結果は「さしたる問題なし」。浮気や悪所通いはもちろん、過去の経歴や人間関係、経済状況から人間性に至るまで、気になる要素はまったく見つからなかったそうです。ここに来てようやく、私も妻も娘を応援する気になれました。今度こそ幸せな家庭を築けるように祈っています。 結婚相手の信頼性を確かめれば、心から応援できる 結婚相手のことがよくわからないうちは、応援したくても躊躇してしまうもので、親心としてはごく自然の感情と思います。探偵の調査で相手の信頼性を確かめ、心から応援できる環境を整えましょう。 結婚は人生の重大な人生の分岐点のひとつです。結婚相手にご不安を感じることがありましたら、中央リサーチ岡山までお気軽にご相談ください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ5

なぜ自分が?目的は?突然はじまったつきまとい犯は意外な人物

何が目的かわからないつきまとい被害。犯人は一体、何を考え犯行に至るのでしょうか。今回は、男性を悩ませたつきまとい犯を探偵が突き止めたケースを紹介します。※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。なぜ自分が?つきまといの被害は突然始まる相談者:30代男性 職業:会社員私は35歳になる会社員です。仕事は営… […続きを読む]

探偵ブログ14

息子が夜中に出かけるのはなぜ?素行調査で理由が判明

自分の目の届かないところで、子供は何をやっているのか?これは多くの親御さんが抱いている疑問でしょう。今回は、息子の素行調査を探偵に依頼したケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。大学生の息子が夜中に外出。理由は答えない最近、大学2年生の息子の様子がおかしくなりました。深夜にた… […続きを読む]

探偵ブログ12

娘の恋人は信頼できるのか。結婚前調査の重要性

「本当にこの人と結婚していいのか」という疑問は、結婚する当人たちはもちろん、その親御さんも抱いています。将来のことを考えるなら、結婚相手の素行を洗っておくに越したことはありません。ここでは、結婚前調査の一例をご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。娘が結婚することに。相手は好青年だが… […続きを読む]