探偵ブログ14

恋人を奪った女性はどうなった?探偵の調査で現状が判明

もし恋人を別の人に奪われてしまったら、皆さんはどうしますか?恨むかどうかはともかくとして、2人のその後は気になるものではないでしょうか。ここでは、恋人を奪った女性の所在調査を探偵に依頼したケースをご紹介します。 ※これは体験談をもとに再構成したフィクションです。弊社へのご依頼ではありません。 依頼者は恋人を奪われた女性。2人はその後どうなった? お恥ずかしい話ですが、私はかつて恋人を奪われたことがあります。その相手は大学の同期だったTさんで、私の悪口をいろいろと恋人に吹き込み、最終的には自分のものにしてしまったのです。元彼に問題がなかったとまでは言いませんが、責められるべきはやはりTさんだと思っていました。 その後、私は現在の夫と出会って結婚し、子供も設けて幸せに暮らしています。元彼とTさんのことは、完全に吹っ切れていました。しかし、「あの2人は結局どうなったんだろう?」という疑念はずっとくすぶっており、できれば2人の行く末を知りたいと思っていたのです。 同窓会にも2人の姿はなく、所在調査を探偵に依頼 Tさんの行方が本格的に気になりだしたのは、大学の同窓会に参加した時でした。「元彼やTさんが来ていたら嫌だなあ」と思いつつ参加すると、幸いなことに2人は見当たりません。旧友たちともいろいろ話しましたが、誰も2人の行方を知りませんでした。2人は結婚したのか?卒業後どうなったのか?そういった情報が皆無だったのです。 私は、俄然2人の行く末に興味が湧いてきました。恋人を取られた時、私が精神的に大きなダメージを受け、相当荒れていたのは確かです。あの出来事に決着をつけるためにも、2人のその後は確認しておかなければならないと思いました。夫も「君が納得できるようにやればいい」と背中を押してくれたため、私は探偵に2人の所在調査を依頼したのです。 2人は結婚したものの破局していた。妥当な結末に納得 元彼については、出身地や高校などある程度の情報を持っていました。一方、Tさんについては出身地くらいしかわかりません。しかも、2人との交流が途絶えてから20年近く経過しています。かなり望み薄だと思いましたが、どちらか片方でも捕まればいいと考えて、私は探偵に持てる限りの情報を提供しました。 すると1ヵ月半後、予想を裏切ってTさんを発見したと連絡がありました。見つかった理由は単純で、彼女が実家で暮らしていたからです。近所での聞き込み調査の結果、Tさんは出戻りで、現在は両親と同居していることがわかりました。 元彼の行方はつかめないままでしたが、ここまでわかれば十分です。おそらく2人は結婚したものの破局し、Tさんは実家に戻ったということなのでしょう。略奪愛の結末としては、妥当なところではないでしょうか。行く末がわかり、思い切って調査を依頼してよかったと思います。 昔の知り合い、人探しは、探偵に依頼しよう 今回のような事例をはじめ、昔の知り合いのその後が気になることはよくあります。 中央リサーチでは同級生、恩師、昔の恋人など「人探し」全般についての調査を承っております。 「あの人は今どうしているんだろう?」と思うことがありましたら、探偵に行方調査をご依頼してみてください。

投稿日: | カテゴリー: 探偵ブログ

関連記事

探偵ブログ8

結婚調査は結婚を決断する参考資料に

近年、結婚相手との出会いの場所が変わりつつあります。昔は学生時代からの恋人、友人紹介、職場恋愛からの発展が多くを占めていました。今でもそういった人と人との繋がりにより結婚相手を見つける人は多くいます。そんな中、急速に増えているのがインターネットを通じて知り合うケースです。今の時代は、多くの人が片手にスマートフォンを持ち歩き、知りたい情報を… […続きを読む]

探偵ブログ9

【素行・身元調査】住み込みで仲居の仕事を始めた謎の女性

今回は、県内の温泉街で旅館を切り盛りする女性からのお話です。探偵に身元調査の依頼を検討している理由を詳しく話してくださいました。※実話をもとにしたフィクションです。私は祖母の代から続く温泉旅館の女将をしております。歴史ある旅館で県内外からたくさんのお客様をお迎えし、忙しい毎日を過ごしています。これは宿泊業界全体に言えることかもしれませんが… […続きを読む]

探偵ブログ2

娘の婚約者は現役ホスト!結婚調査を依頼した父親のエピソード

今回は、娘さんの婚約相手の調査を依頼した男性のお話です。結婚に反対していた依頼者の男性が、調査結果を見てどのような判断をなさったのでしょうか。※実話をもとにしたフィクションです。娘が連れてきた婚約者の職業に愕然私は現在50歳の会社役員で、同い年の妻と22歳の息子と3人で暮らしています。25歳の娘は大阪で一人暮らしです。今回、思わぬ形で探偵… […続きを読む]